快適生活情報お知らせ板

快適な生活を送るためのヒントになるような情報を提供したいと思ってます。たまに脱線するかもしれませんが、よろしくお願いします。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

もんじゅの落下した装置 23日に引き上げ作業

こんにちは

以前から何度かご紹介しております、高速増殖炉もんじゅで原子炉容器内に熱交換器用のの炉内中継装置が落下したままになっている件ですが、23日にも引上げ作業が行われるそうです。

日本原子力研究開発機構によると、昨年8月に落下した燃料交換用の炉内中継装置は原子炉内部に落下したときに変形してしまって原子炉のふたの穴(スリーブと言います)にハマってしまい、引き上げられない状態が続いています。

以前までは、部品をスリーブから引っ張り出そうとしていましたが、どうやってもムリでした。
ということで、今回は原子炉のふたの一部をスリーブごと引っ張り出そうという考えで行います。

23日は午前9時ごろから作業に着手して、深夜には終了という予定になっています。

もちろん、経済産業省原子力安全・保安院が立ち入り、万全の状態で作業するつもりでいると思います。
ただ、福島では常に「想定外」という言葉で数々のミスをごまかしてきた保安院がどこまで安全を保証してくれるのかは全くわかりません


そう言えば、この作業が終わったら、今年度中に40%出力試験を行う考えでいるという信じられない発表もしています・・・その前にやることがあるでしょうに。


前にウソかと思っていたこの図が、23日に本物にならないことを祈るのみです。


自分の安全は自分で守る!
楽天レビューで☆5つが52件!
日本語説明書付きで判りやすい
高精度ガイガーカウンター


スポンサーサイト

| 気になるニュース | 11:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アユの大量死は何故起こったのか・・・石川県金沢市の浅野川

こんにちは

石川県金沢市田上本町の浅野川で大量のアユが死んでいるのが見つかった事件。
すでにアユの死がいは5万匹に及ぶとみられているそうです。

それでも今日から浅野川ではアユ漁が解禁されたということで、万が一、釣れたアユを食べた人に健康被害が出た場合はどうなるんでしょうか。
ニュースによると「解禁初日にもかかわらず、釣り人はまばらだった」ということですから、やっぱり皆さん不安なんでしょうね。

アユ大量死の原因ですが、今の段階では憶測の域を出ていません。

(1)何者かが有害物質を投げ入れた説
ただ、金沢市環境指導課によると、川に油や薬剤の浮遊は確認されておらず、水質検査でも有害物質は検出されなかったので、何が入れられたのか現時点では不明です。

(2)大地震など天変地異の前兆説
大地震などが起こる前に動物の大量死が報告されるのはよくある話です。今年3月4日には茨城県鹿嶋市の下津海岸で約50頭のイルカが打ち上げられているのが見つかり、うち30頭が死んだそうです。そして1週間後にあの大震災が起きました。

(3)まさかの放射能説
トラブル続きの高速増殖炉もんじゅはお隣の福井県にあります。以前の記事でご紹介した熱交換器落下事故ですが、6月11日に撤去作業を行ったらしいです。でも成功したとも失敗したともニュースに出てない(見つけられない)です。
そんな中で14日ごろから見つかったアユの大量死・・・きっと何かあったんじゃないですか?と疑いたくなりますよね


どんな理由だったとしても、とにかく死因の調査結果ともんじゅがどうなったのかの発表を待ちたいと思います。

| 食品の安全 | 17:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ホント?ウソ?「もんじゅ被害想定マップ」

こんにちは。

皆さんは先週あたりからネット上で見かけるようになったこの図をご覧になったことはありますでしょうか。

もんじゅ被害想定マップ

これは「もんじゅ被害想定エリア」といわれる画像です。
もんじゅとは福井県敦賀市にある「高速増殖炉もんじゅ」のことです。
このもんじゅは元々こんな目的で作られました。

(1)ウラン資源を有効に活用するため、燃えにくいウラン238を燃料として使いながらプルトニウムを作り出して、新しい燃料として再度、 原子炉で使う核燃料サイクルができます。

(2)他の施設で出た半減期の長い放射性廃棄物を燃やしたり、寿命の短い放射性物質に変換して、放射性毒性を低減させることができます。

これだけ聞くと、夢のような施設です。

しかし、ここ最近、もんじゅでは数々のトラブルが発生していました。
中でも一番ひどいのは、昨年8月に原子炉内に熱交換器が落下してしまい、それを引き上げたいのですが、何度も失敗してズルズルと今に至っています。

そして、大震災で福島原発の事故が発生し、日本中が原発問題に注目している中で、この地図の画像が出回りだしました。
もんじゅのある福井県敦賀市に目印が打たれ、そこを中心に半径300キロ圏内は「壊滅的被害」として「24時間以内死亡/即死」となっています。また、東京や福岡は半径600キロ圏内となり、ここも「72時間以内死亡率50%」と書かれています。


実際に画像の出所は不明で、画像を見る限りでは「想定エリア」も被害の内容も根拠が一切示されていません。


もんじゅがヤバいというのは、去年8月に起きた事故がいまだに復旧していないことでも明らかです。

しかし、根拠もなく、人々の不安を一方的にあおるようなデマ画像をネット上に流すのは迷惑この上ありません。こういった人々から風評被害が始まるのです。

国は(福島も含めて)早急に情報ルートの整備を行い、二転三転するような情報により国民を不安にさせるような状況を一刻も早く打開しないさい!
報告・連絡・相談なんてものは、新入社員が最初に教わることです。

それが出来ないなら、さっさとその席から降りなさい!



2011/6/16追記
6月11日に熱交換器の撤去作業が行われたそうです。
今のところ成否は不明です・・・大丈夫かいな



2011/6/21追記
6月23日に熱交換器の撤去作業が行われます。
今回は原子炉のふたごと引っ張りあげるそうです。



2011/6/23追記
引き揚げ作業開始されたようです。



2011/6/24追記
引き揚げ作業が無事に終了しました。




自分の安全は自分で守る!
楽天レビューで☆5つが52件!
日本語説明書付きで判りやすい
高精度ガイガーカウンター


| 気になるニュース | 10:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。