快適生活情報お知らせ板

快適な生活を送るためのヒントになるような情報を提供したいと思ってます。たまに脱線するかもしれませんが、よろしくお願いします。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドイツのO-104 死者30人に

こんばんは

ドイツ北部を中心に腸管出血性大腸菌O-104の感染が拡大している事件で同国保健当局は、死者が30人に達したことを明らかにしました。

この事件については原因となる野菜が正確に判明しないまま、二転三転した発表がされたことで、野菜の出荷が止められてしまうなどの事態となり、野菜農家に風評被害が出ています。
欧州連合(EU)欧州委員会では風評被害対策として、野菜農家に2億1000万ユーロ(約245億円)の補償を行う方針を発表し、14日に正式決定の予定です。

補償の対象は、市場からの回収を余儀なくされるなどしたスペイン産のキュウリをはじめ、トマト、レタスなど5種の野菜の生産農家らで、生産者価格の50%をEU予算で手当てするということです。

一部の発表では新種の菌ではないかとも言われおり、大きな被害を出しているO-104事件ですが、日本でも食中毒のシーズンですから、他人事にせずに警戒をしたいものです。


楽天 衛生日用品 ランキング1位!
お酒メーカーがプロの飲食店の安全対策のために
つくったお弁当にもかけられる抗菌スプレー

スポンサーサイト

| 食品の安全 | 10:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今度はO-104の被害が拡大中!場所はドイツ

こんにちは

日本では、焼き肉店えびすで発生したO-111やO-157での被害が出ていますが、現在、ドイツでは腸管出血性大腸菌O-104による食中毒で276人が発症しており、3人が亡くなったということで大きなニュースになっています。

多くの方が溶血性尿毒症症候群(HUS)を発症されているそうで、中には外国からの旅行者もいるということで、厚労省は現地の日本人に注意を呼びかけています。

こちらの原因はスペインから輸入されたキュウリと言われており、すでに店頭からはスペイン産キュウリの撤去が行われているとのことです。

このO-104は日本では出ることは少ないらしく、国立感染症研究所の統計によると日本国内では2000年以降、検出されたことは無いそうです


生肉は注意しようかと思いますが、野菜は普通に生で食べますから、日本では出て欲しくない菌ですね。


| 食品の安全 | 15:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。