快適生活情報お知らせ板

快適な生活を送るためのヒントになるような情報を提供したいと思ってます。たまに脱線するかもしれませんが、よろしくお願いします。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

もし、東京で大規模停電が起きたら?

いつもご覧いただきありがとうございます。

快適な生活へのお手伝いができればいいなと思ってます

東北電エリアがかなり危険です。

*************************************


 路上にあふれ出す下水、人々はエレベーターや電車に閉じこめられ、熱中症患者が相次ぐ。夏場の電力不足で、懸念される首都・東京で大規模停電が起きた場合、こうした被害が続発する恐れがある。政府は前年比15%の節電を求める電力使用制限令を37年ぶりに発令し、予期せぬ大停電の食い止めに躍起だが、専門家は「予断を許さない状況」と警鐘を鳴らしている。

 ◆熱中症多発の恐れ

 国土交通省によると、全国に設置されたエレベーターは70万台。このうち大多数にあたる「7、8割程度」は非常用電源を備えておらず、利用者が閉じこめられる恐れがある。

 平成21年9月の建築基準法改正で予備電源の設置が義務付けられたが、それ以前には基準がなく、いったん閉じこめられれば「電源が復旧するか、保守会社などの救出を待つしかない」(同省)。停電と同時に空調も停止。「狭くて暑くて暗い密室。脱水症状など生命にかかわる問題につながりかねない」という。

 JRや地下鉄などの電車内の閉じこめも懸念される。JR東日本などによると、各車両は蓄電池を備えるが、冷房を動かすだけの能力はない。日中に電車が止まれば、炎天下にさらされ、熱中症が多発する危険もある。

 ◆SOSは届くのか

 東京消防庁によると、都内にある救急車は、予備車も含め約400台。119番通報は、自家発電装置により受けることは可能だが、「熱中症の搬送が相次げば、車両が足りなくなる恐れもある」と危惧する。

 また、工場などが備える自家発電機は動き始めから数分間は不完全燃焼で黒い煙があがるといい、火災と勘違いした市民から通報が相次ぐことも懸念される。

 一方、110番通報を受ける警視庁。72時間分の非常用電源を備えるが、通報が相次いだ場合は「受理する人員が確保できるかが課題」(同庁)。加えて、道路は大部分にあたる約1万3千基の信号が停止する。駅前のロータリーなどに帰宅困難者らが集まれば、緊急車両の到着に支障が出る可能性もある。

 汚水の処理にも影響が懸念される。東京都によると、地下を流れる下水はいったんポンプでくみ上げてから下流に流す。非常用電源は備えるが出力が劣るため、「停電に豪雨が重なり、大量の雨水が流れ込めば処理が間に合わなくなる」。最悪の場合、マンホールから下水があふれ出し、衛生上の問題が起きることも危惧されるという。

 ◆レジには長蛇の列

 経済活動にはどんな影響が出るのか。「経済活動における電気は、人体でいう血液。ストップすれば日本経済は心停止状態になる」と、第一生命経済研究所の主席エコノミスト、永浜利広氏は指摘する。

 突発的な停電は工場の生産ラインに打撃を与え、交通網の乱れで運送トラックは遅延。小売店ではバーコードが使えず、レジには長蛇の列ができる恐れも。

 被害が大きいのは中小企業で、早稲田大の野口智雄教授(流通)は「自家発電機を持たない工場も多く、停電が長期化すれば破綻につながる」と指摘。商品の供給が追いつかなければ、価格の高騰を招くこともあるという。

 また、金融では小規模な銀行のATMは停止。株式市場では「信用低下で日本売りが加速し、株価の急落を招く危険もある」(永浜氏)という。

 ◆日中の災害に注意

 東京電力は、電気の使用量が供給量の100%を超える前に「計画停電」を実施し、都心の大規模停電を防ぐとしている。だが「最悪のケースが重なれば、大停電は起こりうる。楽観視はできない」と早稲田大の岩本伸一教授(電力システム工学)は指摘する。

 岩本教授によると、危険なのは、電力の需給が逼迫(ひっぱく)する日中などに、地震などの災害が追い打ちをかけた場合だ。発電所が緊急停止してしまうと、通常は一定を保っている電気の周波数が低下、変電所のブレーカーが連鎖的に落ち、広範囲にわたって電気の供給が遮断(しゃだん)される恐れがあるという。

 発電機の停止に伴う停電は、電線が切れた場合などと比べ、復旧に時間がかかり、2003年8月にニューヨークで起きた北米大停電の際には2日を要した。岩本教授は「経済や産業を壊滅状態としないため、節電対策などを進め、なんとしても大停電を防がなくてはならない」と話した。


*************************************

では、また次回お会いしましょう



LED電球から一ヶ月の電気代はわずか約16円の超省エネ扇風機
まで!

省エネ家電はコチラ

スポンサーサイト

| 停電・節電 | 12:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。