快適生活情報お知らせ板

快適な生活を送るためのヒントになるような情報を提供したいと思ってます。たまに脱線するかもしれませんが、よろしくお願いします。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

店頭・ショールームで節電法教えます!

今日もお元気ですか?

ちょっと気になるニュースを見つけました。

*************************************


 節電の夏が本格化する中、各企業のショールームや店頭で節電方法を無料で学べる試みが行われている。展示された家電製品を使って節電のコツや、計器を使って家電製品の消費電力を知ることができる。節電への意識向上とともに効率の良い節電方法を学べるとあって、節電成功への一つの手段といえそうだ。

 「家の中で一番電気を使う家電製品は何ですか?」。東京都江東区にあるパナソニックのショールーム「パナソニックセンター東京」で、女性アテンダントが来場者に問いかける。6月25日に始まった「節電・エコナビガイドツアー」の一幕だ。

 答えはエアコンで、女性アテンダントは展示されたエアコンの前で、2週間に一度フィルターの掃除をすると節電につながることなどを紹介。冷蔵庫、照明器具のコーナーでも説明を続けた。照明器具の前では、白熱電球とLED(発光ダイオード)電球の消費電力量を比較するため、どちらが熱いかをガラス越しに触れることができ、体験しながら学べる。

 ツアーは東日本大震災後、ショールームの来場者から節電方法の問い合わせが相次いだため始まった。大阪市中央区にあるパナソニックセンター大阪でも同様の催しを実施しており、東京、大阪とも土日祝日に開催。当日申し込めば1人でも参加でき、東京では9月末、大阪では11月末まで実施する予定だ。

 積水ハウス(大阪市北区)では、各支店によるセミナーや東京都内の住宅展示場で、節電意識を高める体験を提供している。電子レンジなど家電製品の消費電力を計測し、どれぐらいの電力を消費しているかを知ることができ、節電意識が高まる。このほか、室内温度上昇の原因となる日射を防ぐ方法も案内している。

 店頭に節電相談カウンターを設けているのは、ビックカメラ(東京都豊島区)。4月から東京・有楽町店に設置し、現在約30店舗にまで広げている。家電アドバイザーの資格を持つ店員が省エネ家電製品や節電グッズの案内、毎日の生活でできる節電法を紹介。節電術をまとめた冊子も作成し、配布している。



*************************************

最後までお読みいただきありがとうございました

強烈な夏の日射しにご注意を。
新作からベストセラー商品まで、UVケア商品を大特集。
スポンサーサイト

| 停電・節電 | 09:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。