快適生活情報お知らせ板

快適な生活を送るためのヒントになるような情報を提供したいと思ってます。たまに脱線するかもしれませんが、よろしくお願いします。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1号機空調機室で5000シーベルト! 続々と危険な箇所が見つかる

おはようございます

昨日の朝に「まだ危険!福島第一で過去最高線量の放射線検出!」というニュースをお知らせし、他にもあるんじゃないの?なんて事を書いていたら、夕方には「福島第一 10000ミリシーベルトの箇所が他にもあった!」と書くことになったわけですが、予想通りにまだまだ致死量に相当する放射線量の箇所が出てきているようです

今回見つかったのは1号機原子炉建屋2階の空調機室で、東電によると、毎時5000ミリシーベルト以上を計測したということです。
人体への影響の図
こちらの図のとおり、全身に浴びれば50%の人が死ぬだけの量が建物内部に存在しているのです。

この部屋にも「ベント」の時の配管が通っているということで、今回の一連の高い放射線量の箇所はこの配管がつながっている所に共通していると見られています。

ちなみにこの5000ミリシーベルトというのは最低の数値だそうです。
何でも、この時に使った計測機器は5000までしか測れないものだったそうですので、本当はもっと高いのかもしれないとのこと。


東電の発表はあくまでも「今後の作業に影響ない」ということですが、この一連の数値は作業員の方の限界数値250ミリシーベルトに3分ほどで達してしまう値です。

3分ごとに人間を使い捨てるような作業をさせるような、非人道的な作業が行われることがないようにくれぐれもお願いしたいです。


レビュー総合評価4.78
京都大学助教の小出裕章氏が原発事故後に書き下ろした必読の一冊です
【送料無料】原発のウソ

【送料無料】原発のウソ
価格:777円(税込、送料別)

スポンサーサイト

| 地震・原発 | 07:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

福島第一 10000ミリシーベルトの箇所が他にもあった!

こんにちは

今朝のニュースで「まだ危険!福島第一で過去最高線量の放射線検出!」として、致死量としては充分過ぎる10000ミリシーベルト(10シーベルト)の放射線を検出した場所が発見されたとお知らせしました。

まさかね・・・とは思っていましたが、他にも10000ミリシーベルトの場所が発見されたそうです。

場所は1、2号機の原子炉建屋の西側にある排気塔下部の配管近くの非常用ガス処理系の配管。
昨日発見されたのも1、2号機原子炉建屋近くにある主排気筒の下部の配管表面ということでしたから、近いですね。

実際に誰かが行って計ったのではなく、ガンマカメラと呼ばれる、空間の放射線の強弱を判定する機器で排気塔周辺を撮影した結果、明らかになったそうです(直接測定に行ったら死んじゃいますからね・・・)。

「(高線量の)理由としては事故当時、格納容器のベント等があり、その際に流入した放射性物質が排気筒の中に滞留付着していたと考えられる」(東京電力の会見より)ということですが、ベントで放出された蒸気ってどんな放射線量だったんでしょうか・・・考えただけで恐ろしいです。


東電は「付近で作業予定がない」と言っていますが、すぐ近くに致死量の放射線を発する場所がある中、作業員の皆さんはどんな気持ちで仕事をしているのでしょうか。
「もしかしたら、他にもあるかもしれない」と考えたら、今すぐにでも逃げ出したい気持ちかもしれません。

こんな場所から心苦しいですが、作業員の皆さんの無事をお祈りしております。


レビュー評価4.10
切手サイズの放射能測定シートが520円です。お守り感覚でいかがでしょうか


| 地震・原発 | 16:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まだ危険!福島第一で過去最高線量の放射線検出!

おはようございます

収束だの、循環冷却始まるだのと「良いニュース」ばかり聞かされてて油断してたのかもしれません。

昨日、福島第一原子力発電所の1、2号機原子炉建屋近くにある主排気筒の下部の配管表面で、これまでで最高の1時間当たり10000ミリシーベルト以上の放射線を検出したと東電から発表があったそうです。

改めまして、以前に掲載した「放射線の人体への影響の図」を御覧ください。
人体への影響の図

10000ミリシーベルトの放射線を全身に浴びたら100%の人が死亡すると書いてあります
茨城県東海村の臨界事故の時は死亡した作業員が浴びていたのは60000ミリシーベルトと言われていますから、10000ミリシーベルトは確実に人の命を奪うのでしょう。


それよりも、これまでは1号機原子炉建屋内部で検出した毎時4000ミリシーベルトが最高だったそうなので、はるかに上回る数値の場所が何ヶ月も作業しているのに発見されていなかったのが恐ろしいです。

東電は現場の立ち入りを制限し、「作業への影響はない」としているそうですが、他にもこういった箇所が見つかる可能性もあるわけですから、作業への影響はゼロではないでしょう。

自分達の足元も満足に見れていない人たちが「安全です」と言ったところで、何が信用できるんでしょうか。


| 地震・原発 | 07:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

浪江町122人の内部被曝量「健康に影響ない」

いつもご覧いただきありがとうございます。

快適な生活へのお手伝いができればいいなと思ってます

ニュースのお届けにあがりました。

*************************************


 東京電力福島第一原子力発電所の事故を受け、福島県が6月下旬、同県浪江町などの住民122人を対象に内部被曝(ひばく)量調査を行った結果、全員の年間被曝量が1ミリ・シーベルト未満だったことが23日、わかった。

 同日、同県二本松市内で開かれた説明会で、調査した放射線医学総合研究所(千葉市)の明石真言理事が住民に伝えた。

 明石理事によると、調査では、122人の約半数の尿から放射性セシウムが検出されたが、残りの人からは検出されなかったという。明石理事は「健康に影響が出るレベルよりもずっと低い数値。この数値なら住民も安心できる」と話した。

 県は、8月から全県民を対象に健康調査を実施する予定。今回の調査は、それに先行する形で、警戒区域や計画的避難区域に指定されている市町村の住民の一部を対象に実施した。



*************************************

では、また次回お会いしましょう

| 地震・原発 | 21:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。