快適生活情報お知らせ板

快適な生活を送るためのヒントになるような情報を提供したいと思ってます。たまに脱線するかもしれませんが、よろしくお願いします。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

全国調査の結果、52%の飲食店が生肉衛生基準を守らず!

こんにちは

焼き肉チェーン店「焼肉酒家えびす」の集団食中毒事件を受けて、厚生労働省が全国の生肉を扱う飲食店・食肉卸業者・精肉店など計1万9856施設を対象に行った緊急調査の結果がまとまったそうです。

結果として、飲食店の52%・食肉卸業者の35%・精肉店の36%が大腸菌などの自主検査をしていなかったり、調理器具の消毒が徹底できていなかったというショッキングな数字が公表されました
今回の調査には集団食中毒後、生肉の提供を自主的に取りやめた施設は含まれていなかったため、実際は基準に不適合の施設がさらに多かった可能性もあるとのことです。

この調査の結果、基準を守っていなかった施設には生肉の取り扱い中止を指導し、再開する場合は改善を確認するそうですが、罰則が無かったことで、現行基準がいかに形骸化してしまっていたかという実態が明らかになってしまいました。


全国の生肉を扱ってる飲食店の1/2がアウトというのは、さすがに恐ろしくなりました。

10月からは罰則付きの新しい衛生基準がスタートします。
とは言うものの、今は季節的にも食中毒が増えるシーズンですから、当分の間は生肉を食べるのは控えることをお勧めしたいと思います。


スポンサーサイト

| 食品の安全 | 10:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

生肉扱う飲食店 のうち99.5%は衛生基準満たしていない?!

こんばんは

ここ何日か、ヨーロッパでのO-104食中毒事件にちょっと隠れてしまっている感がある、日本の焼き肉チェーン店「焼肉酒家えびす」の集団食中毒事件。

その後もさまざまな調査が進んでいく中で、ちょっと衝撃的な記事がありました。

東京都は、生食で牛肉を提供していた飲食店439軒のうち437軒が国の衛生基準に適合しない取り扱いをしていたと発表しました。不適合率は何と99.5%!

これらの店では、・肉の表面を削り取るトリミングができていない・器具の消毒が不十分・専用の調理器具を使っていないといった国の安全基準に不適合なだけでなく、生食用ではない原料肉を加工していたということでした。
都では、こうした店には提供中止を指導しているが、強制力はないので、「ねばり強く働きかけるしかない」としているそうです。


以前の記事で「恐らく、しっかりと守っている業者さんもいらっしゃることでしょう」と思っていたのですが、ほとんどいなかったってコトですか・・・何か本気で生肉食べるのが怖くなってきました


おすすめ食中毒対策グッズ

| 食品の安全 | 20:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。