快適生活情報お知らせ板

快適な生活を送るためのヒントになるような情報を提供したいと思ってます。たまに脱線するかもしれませんが、よろしくお願いします。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

千葉の「とり鉄」で食中毒

こんにちは

蒸し暑くなってきたこともあり、食中毒に改めて気を受けなくてはいけない時期です。

そんな中、千葉県船橋市の飲食店「とり鉄 船橋駅前店」で焼き鳥などを食べた3人が、下痢や発熱などの症状を訴え、いずれも便からカンピロバクター菌が検出されたそうです。
幸い、いずれも快方に向かっているということですが、このお店は3日間の営業禁止処分になりました。

カンピロバクターは熱に弱い菌ですから、ちゃんと火が通っていれば何とも無いはずでしたが、おそらくは鶏刺で召し上がったんでしょうね。

お店から出されたものでも、この時期はちょっと気をつけるか、やはりシーズン的に生肉は避けるなど自衛策を考えておくべきかと思います。


スポンサーサイト

| 食品の安全 | 12:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

横浜のイベント会場で集団食中毒か 10人搬送 

今日もお元気ですか?

ちょっと気になるニュースを見つけました。

*************************************


 23日午後5時半ごろ、横浜市中区海岸通の横浜港大さん橋国際客船ターミナル内で開催中のハワイ文化を紹介する催し「アロハヨコハマ2011」(24日まで開催)で食事をした川崎市内の40代女性が「気分が悪くなった」と近くの横浜水上署を訪れた。女性は嘔吐(おうと)などの症状を訴え、病院に搬送された。他にも同会場で食事した4歳から42歳の男女9人が同じような症状を訴え、病院に運ばれた。いずれも軽症だという。

 同署などによると、搬送された10人はいずれも「会場内で販売されていた、おにぎりを食べた」と話しているという。横浜市保健所は集団食中毒とみて調べている。

 主催者は「現在状況を確認中だが、24日もイベントは開催する」としている。


*************************************

最後までお読みいただきありがとうございました

| 食品の安全 | 00:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三重県で3歳女児がO-157に感染して死亡

こんにちは

三重県伊賀市で3歳の女の子がO-157による腸管出血性大腸菌感染症で亡くなる事件がありました。

県の調べによると、このお子さんは14日に腹痛や血便の症状が出て、16日に市内の病院に入院(その後17日に津市の病院に転院)、19日の早朝に溶血性尿毒症症候群を発症して亡くなったそうです。

ご家族の証言によると、10日におすしを食べたそうですが、それ以降は生ものは食べていないそうで、家族や同じ保育園の子にも同様の症状の人はいないそうです。


O-157は潜伏期間が2~10日ほどの長さがありますから、10日におすしを食べて4日後に発症することは十分に考えられます。
まして、体力の弱いお子さんですから、少量であっても重症化することは有りうることです。

保健所ではすし店や保育園などを調査中ということですので、今後の発表を待ちたいと思います。


楽しいはずの父の日に小さいお子さんが亡くなるって事件は何ともやりきれませんね。

| 食品の安全 | 15:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

全国調査の結果、52%の飲食店が生肉衛生基準を守らず!

こんにちは

焼き肉チェーン店「焼肉酒家えびす」の集団食中毒事件を受けて、厚生労働省が全国の生肉を扱う飲食店・食肉卸業者・精肉店など計1万9856施設を対象に行った緊急調査の結果がまとまったそうです。

結果として、飲食店の52%・食肉卸業者の35%・精肉店の36%が大腸菌などの自主検査をしていなかったり、調理器具の消毒が徹底できていなかったというショッキングな数字が公表されました
今回の調査には集団食中毒後、生肉の提供を自主的に取りやめた施設は含まれていなかったため、実際は基準に不適合の施設がさらに多かった可能性もあるとのことです。

この調査の結果、基準を守っていなかった施設には生肉の取り扱い中止を指導し、再開する場合は改善を確認するそうですが、罰則が無かったことで、現行基準がいかに形骸化してしまっていたかという実態が明らかになってしまいました。


全国の生肉を扱ってる飲食店の1/2がアウトというのは、さすがに恐ろしくなりました。

10月からは罰則付きの新しい衛生基準がスタートします。
とは言うものの、今は季節的にも食中毒が増えるシーズンですから、当分の間は生肉を食べるのは控えることをお勧めしたいと思います。


| 食品の安全 | 10:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドイツのO-104 死者30人に

こんばんは

ドイツ北部を中心に腸管出血性大腸菌O-104の感染が拡大している事件で同国保健当局は、死者が30人に達したことを明らかにしました。

この事件については原因となる野菜が正確に判明しないまま、二転三転した発表がされたことで、野菜の出荷が止められてしまうなどの事態となり、野菜農家に風評被害が出ています。
欧州連合(EU)欧州委員会では風評被害対策として、野菜農家に2億1000万ユーロ(約245億円)の補償を行う方針を発表し、14日に正式決定の予定です。

補償の対象は、市場からの回収を余儀なくされるなどしたスペイン産のキュウリをはじめ、トマト、レタスなど5種の野菜の生産農家らで、生産者価格の50%をEU予算で手当てするということです。

一部の発表では新種の菌ではないかとも言われおり、大きな被害を出しているO-104事件ですが、日本でも食中毒のシーズンですから、他人事にせずに警戒をしたいものです。


楽天 衛生日用品 ランキング1位!
お酒メーカーがプロの飲食店の安全対策のために
つくったお弁当にもかけられる抗菌スプレー

| 食品の安全 | 10:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。