快適生活情報お知らせ板

快適な生活を送るためのヒントになるような情報を提供したいと思ってます。たまに脱線するかもしれませんが、よろしくお願いします。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

腸管出血性大腸菌による食中毒 激しい下痢、血便はすぐ受診

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

気になったニュースのお届けにあがりました。

*************************************


 福島第1原子力発電所事故による食品の放射性物質(放射能)汚染や腸管出血性大腸菌による食中毒など、食の安全・安心を脅かす出来事が相次いでいる。自分や家族の生命を守るために、どんな点に気をつければいいのか。

 ◆汚染多い生野菜

 富山、福井両県の焼き肉チェーン「焼肉酒家えびす」で起きた腸管出血性大腸菌「O(オー)111」による集団食中毒は、生肉の「ユッケ」が原因だった。ドイツを中心に欧州を襲った「O(オー)104」による食中毒は、モヤシやスプラウトなどの新芽野菜が原因とみられている。「野菜で食中毒が」と意外に思う人が多いかもしれない。

 しかし、相模女子大学短期大学部の金井美恵子教授(食品衛生学)は「野菜は土壌とのかかわりがあるため、生菌数(雑菌)や大腸菌群の汚染が非常に多い。野菜の中では菌の増殖は緩やかだが、肉や魚、卵などタンパク性の食品が野菜と接触すると、野菜の中の菌がタンパク性の食品の中で急速に増殖する。生野菜にも大腸菌群がいることを知ってほしい」と指摘する。

 ユッケによる集団食中毒で生肉のリスクが叫ばれるようになったが、平成21年には成型肉(サイコロステーキなど)によるO(オー)157を原因とする食中毒が全国で発生。金井教授は「(腸管出血性大腸菌について)焼き肉店などが正しく理解していたら、今回のユッケによる食中毒は起こらなかったと思う。食品を扱う者は食中毒についての知識をしっかり持ってほしい。消費者も食中毒について知識を持つことで予防できるので、代表的な食中毒菌や原因食品については理解しておいてほしい」とも話す。

 腸管出血性大腸菌は少ない菌数でも食中毒を発症させる。一般的に熱には弱いため、野菜に付着している菌をなくすには70度の湯に5秒ほどさらす。しかし、キュウリやレタスなどの野菜は切り口から菌が入り込むことがあるため、完全に除去することは難しいという。金井教授は「肉や魚などと一緒に盛り付ける際は、できるだけ早く食べること」を勧める。

 また、特に抵抗力の弱い子供やお年寄りは注意が必要で、生肉は避ける。ハンバーグや成型肉は中心部にも菌がいる可能性があるため、しっかり火を通すことが大事だ。

 ◆乏しい判断材料

 飲食店を利用する際も衛生管理が徹底している店を選ぶのが望ましい。東京都は平成15年から、衛生管理の向上に積極的に取り組んでいる施設への「食品衛生自主管理認証制度」を導入した。調理施設3カ所で認証を取得した京王プラザホテル(東京都新宿区)では、スタッフ全員が食中毒菌やウイルスの保菌者になることを限りなくゼロにするため、生肉とカキ料理を食べることを禁止している。

 ただ、こうした制度のように、消費者が実際に衛生管理を徹底している店かどうかを判断する正確な情報はまだまだ乏しい。

 国立感染症研究所情報センターの岡部信彦センター長は「全ての食品のリスクをゼロにするのは難しい。ただ、食中毒に気付いたとき、適切な医療を受けることで重症化や死亡などのリスクは減らすことができる。うずくまるような強いおなかの痛みと激しい下痢、血便が出たときは、すぐに医療機関を受診してほしい」とアドバイスする。

 ■腸管出血性大腸菌による食中毒の過去の主な原因食品と症状

 【日本】井戸水、牛タタキ、ハンバーグ、牛角切りステーキ、サラダ、貝割れ大根、キャベツ、メロン、白菜漬け、日本そば-など

 【海外】ローストビーフ、ミートパイ、アルファルファ、レタス、ホウレンソウ、リンゴジュース-など

 【症状】感染後1~10日間の潜伏期間。初期は感冒のような症状があり、激しい腹痛と大量の新鮮血を伴う血便。発熱は少ない。重症では、腎不全などの溶血性尿毒症症候群や意識障害を起こす脳症を併発し、死亡することもある。(食品安全委員会資料から)



*************************************

では、また次回お会いしましょう

スポンサーサイト

| 食品の安全 | 15:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドイツのO-104 死者30人に

こんばんは

ドイツ北部を中心に腸管出血性大腸菌O-104の感染が拡大している事件で同国保健当局は、死者が30人に達したことを明らかにしました。

この事件については原因となる野菜が正確に判明しないまま、二転三転した発表がされたことで、野菜の出荷が止められてしまうなどの事態となり、野菜農家に風評被害が出ています。
欧州連合(EU)欧州委員会では風評被害対策として、野菜農家に2億1000万ユーロ(約245億円)の補償を行う方針を発表し、14日に正式決定の予定です。

補償の対象は、市場からの回収を余儀なくされるなどしたスペイン産のキュウリをはじめ、トマト、レタスなど5種の野菜の生産農家らで、生産者価格の50%をEU予算で手当てするということです。

一部の発表では新種の菌ではないかとも言われおり、大きな被害を出しているO-104事件ですが、日本でも食中毒のシーズンですから、他人事にせずに警戒をしたいものです。


楽天 衛生日用品 ランキング1位!
お酒メーカーがプロの飲食店の安全対策のために
つくったお弁当にもかけられる抗菌スプレー

| 食品の安全 | 10:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドイツのO-104 なぜ豆もやしに大腸菌が付いてたの?

こんばんは

ドイツのO-104食中毒事件、原因は豆もやしということで、引き続き調査が進んでいる状況です。

豆もやしをはじめとするスプラウト(発芽野菜)類はヨーロッパから日本へ輸入されていないため、日本には入ってこないそうで、一先ずは安心といったところでしょうか。


ところで、私、一つ疑問に思ったことがあります。
「もやしには大腸は無いよな・・・じゃあ、大腸菌O-104はどこから来たの?」

そうです。
もやしは言うまでも無く植物ですから大腸菌は持っていません。であれば、もやしに大腸菌を付けた何かがあると思ったのですが、今のところはそれについての発表は見当たりません。


調べてみたところ、過去にアメリカでリンゴジュースでO-157の食中毒が発生した事例がありました。もちろん、リンゴも植物ですからO-157は存在するはずがありません。
調査が進んで判明したのは、リンゴの木に肥料として与えていた牛の糞からO-157が検出された(地面に落ちたリンゴに付着し、それをジュースに使った)そうです。

前の記事にも書きましたが、もやしは高温多湿の場所で育つ野菜です。
そこに肥料などを通して大腸菌が少しでも付着すれば、一気に繁殖する環境が整っている状態なわけです。


まだ調査の結果が発表されていないので、推測でしかありませんが、周囲に牧場や牛糞を与えている畑がある環境が感染の原因となっていたのではないかと考えられる気がします。


★抗ウイルス効果99.999%!!
人にも環境にもやさしいヒバから抽出した抗菌素材使用。水がいらない手洗い洗浄剤★

| 食品の安全 | 00:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今度はO-104の被害が拡大中!場所はドイツ

こんにちは

日本では、焼き肉店えびすで発生したO-111やO-157での被害が出ていますが、現在、ドイツでは腸管出血性大腸菌O-104による食中毒で276人が発症しており、3人が亡くなったということで大きなニュースになっています。

多くの方が溶血性尿毒症症候群(HUS)を発症されているそうで、中には外国からの旅行者もいるということで、厚労省は現地の日本人に注意を呼びかけています。

こちらの原因はスペインから輸入されたキュウリと言われており、すでに店頭からはスペイン産キュウリの撤去が行われているとのことです。

このO-104は日本では出ることは少ないらしく、国立感染症研究所の統計によると日本国内では2000年以降、検出されたことは無いそうです


生肉は注意しようかと思いますが、野菜は普通に生で食べますから、日本では出て欲しくない菌ですね。


| 食品の安全 | 15:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。