快適生活情報お知らせ板

快適な生活を送るためのヒントになるような情報を提供したいと思ってます。たまに脱線するかもしれませんが、よろしくお願いします。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

禁煙四季 禁煙したいアナタのためのサポートソフト

おはようございます

先日、カナダのケベック州政府が「たばこ会社が喫煙に伴う危険を説明しなかったために医療費が増大した」として、たばこ会社に4兆6000億円という巨額の賠償を求める裁判を起こしたそうです。

もはや禁煙は世界的な流れと言える中で、なかなか踏み切れない方はちょっと肩身が狭くなってるのではないでしょうか。

そんなアナタにオススメなのが、タバコをやめたい人を多彩な機能でサポートする禁煙支援ソフト「卒煙四季」です。

この禁煙四季はつらい禁煙をさまざまなイベントや情報で“やさしくサポート”してくれるソフトとなっており、卒煙からの日数や延びた寿命、節約できた金額(タバコ代と節税金額)などを自動で計算してくれます。

また、日記機能もあるので、自分がたばこを辞めるまでの歩みを記録できますし、利用者の掲示板もあるので、共通の苦労を分かち合う仲間の存在は励みにもなってきます。


このソフトの作者さんは、元々は「禁煙式」という1ヶ月で禁煙を目指すソフトを開発されたそうですが、こちらは「四季」と1年かけての長期戦を目指したソフトだそうです。


ダウンロードはこちらのサイトで出来ますので、じっくり挑戦したい方はぜひチャレンジしてみてください!


スポンサーサイト

| 禁煙 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5月31日は世界禁煙デー 減煙って効果あるの?

こんにちは

今日は世界保健機関 (WHO)が制定した世界禁煙デーです。
たばこと健康の問題について関心と理解を深める日ということで、日本では今日から1週間を禁煙週間としています。

たばこに害があるというのは喫煙者の皆さんも十分にわかっていらっしゃるハズですし、たばこの値上げの話が出る
たびに「禁煙したいな」と思っている方も大勢いらっしゃると思います。

禁煙の手法に一つとして、すこしずつ吸う本数をへらしていく減煙という方法が知られていますが、これって
本当に効果があるんでしょうか?


禁煙補助薬を出しているファイザー製薬さんによると、
"減煙は残りの本数を大切に吸ってしまう。吸う間隔が長くなることでイライラしニコチン切れの症状が強まる恐れが
あるため、あまり良いやり方ではない"そうです。

そして、ニコチン依存症は本数や喫煙歴には関係ないそうなので、減煙したと言ったところで、結局は喫煙を再開
してしまうことにもなりかねないのだとか。


徐々に本数を減らしたり気合で我慢する方法はストレスが溜まるぶん挫折率も高くなってしまいます。
自分に合った禁煙グッズを見つけたり、医療機関の力を借りるのが賢明なのかもしれませんね。





楽天レビューで4.38の高評価!
タバコの害や大気汚染で汚れた肺をクリーンにするサプリ!
肺をクリアに健康にする ナチュラル成分100%のホメオパシー・サプリメント

| 禁煙 | 17:54 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

「喫煙者は禁煙者に比べて1/3も記憶を失う」という研究結果・・・増税のウワサに加えてさらにマイナス要因?

こんにちは

東日本大震災の復興財源として、たばこ税が再び取りざたされておりますが、喫煙者の皆さんはいかがお考えでしょうか。

さて、さらに冷や水を浴びせるような記事で申し訳ありませんが、イギリスのノーサンブリア大学でこんな研究結果が発表されました。

喫煙者はたばこを吸わない人と比べると、3分の1もの記憶を失う

18~25歳の被験者70名を対象に、大学内を散策してもらいながら、どこに何があったか、掲示板にはどんなことが書かれていたかなど様々なことを記憶していってもらうというテストを行ったそうです。

その結果は以下の通りでした。

・喫煙者が覚えていたのは全内容の59%
・吸った事が無い人が覚えていたのは全内容の81%
・以前は吸っていたが禁煙に成功した人が覚えていたのは74%

研究チームのヘファナン教授によると、
「禁煙することが健康に良いことは知られていますが、記憶力に関しても大きな効果をもたらすことが明らかになったのは今回が初めて。たばこをやめれば、脳の認知機能を回復させることができるということです。今後は受動喫煙などに関しても記憶力にどのような影響があるのか調べていく」ということです。


増税が始まってからやめるか、その前にやめるか、それでも吸い続けるのか・・・あなたはどうしますか

楽天レビューが4.67の高評価!
本格的に禁煙を志すなら、やっぱりニコレット

| 禁煙 | 16:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

更にたばこ値上げか?1箱700円時代が来る!

こんばんは

去年の10月、一箱あたり100円の値上げとなり、愛煙家の皆さんのお財布を直撃したタバコの価格がまた上がるかもしれません

小宮山厚生労働相は5日の記者会見で、2012年度税制改正に向けて、たばこ税の増税を財務省に要望する考えを明らかにしたそうです。
それによると、「(1箱あたり)700円くらいまでは(値上げで販売量が減っても1本あたり税収が増えるため全体の)税収が減らない」と強調し、大幅な引き上げに意欲を見せたとのことです。


値上げでやめる人が増えて、販売数は減っても、値上がり分が大きいので税収は減らないという考え方は本当でしょうか?

去年の10月の値上げの結果を見ると「この考え方は合ってる」と言わざるをえません。


日本たばこが発表した2011年7月の紙巻きたばこのの販売実績は200億本で、前年同月比で0.2%の増加だったそうです。むしろ去年に比べて、増えちゃってるんです

震災の影響で銘柄制限等があり、銘柄を変えた人がいた等の原因でわずかに増えたそうですが、それにしてもココまで「まんまと政府の考え通り」になってしまうのもどうなんですか、愛煙家の皆さん?と言いたい気にもなってしまいます。


もし、この値上げが実現したら、過去最大級の値上げとなります。

その時、やっぱりアナタは吸い続けますか?



楽天レビューで4.67の高評価
禁煙時のイライラ・集中困難などの症状を緩和してくれるニコレットです

| 禁煙 | 19:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「喫煙文化研究会」でバッシングにNO

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

気になったニュースのお届けにあがりました。

*************************************


 東日本大震災の直後、品薄状態になった物資の一つにたばこがあった。被災地では、貴重品であるたばこを手にできた愛煙家の間で喜ばれたという。6月、たばこを愛する文化人らが中心になって「喫煙文化研究会」が発足したが、喫煙に対する世間の目が厳しさを増す中で「たばこの効用」に理解を求めていくという。非喫煙者と共存する道をどう探るのか。(日出間和貴)

 ◆得られる安らぎ

 震災から1カ月が過ぎた頃、宮城県気仙沼市でかき養殖業を営む男性(36)は都内の知人を通じてたばこの支給を受けた。大津波が来るまではしばらく禁煙を続けていたが、「3・11」を機に喫煙が始まったという。

 「毎日毎日、がれきの山を片付けている希望の見えない状況の中で、たばこでも吸っていないとやっていられなかった。たばこを吸いたくてたまらないというより、非日常から日常の生活に戻るためのきっかけとして、一本のたばこが必要でした」と振り返る。

 酒やたばこは嗜好(しこう)品にあたるため、被災地において水や食料などの生活物資のように配給されることはなかった。疲労度が増す避難所暮らしの中で、スモーカーはより一層、肩身の狭い日々を強いられた。

 一方、この6月に発足した「喫煙文化研究会」。発起人にザ・タイガースの「花の首飾り」などで有名な作曲家、すぎやまこういちさん(80)がいる。喫煙歴60年、1日に1箱以上吸うヘビースモーカーだ。喫煙に対して逆風が吹く中で、「喫煙バッシング」の流れに歯止めをかけたいという。

 「被災地に酒とたばこを持っていった人の話では、この2つの嗜好品は現地でかなり喜ばれたようだ。スモーカーは喫煙が健康に良くないことは百も承知。それでも、ふっと一服したときに得られる安らぎは何ものにも代えがたい。過度の飲酒が肝臓によくないはずなのに、同じ嗜好品でもたばこの危険ばかり強調されているような風潮を感じます」

 ◆“禁煙ファシズム”!?

 禁煙・分煙の流れに逆行するような研究会だが、雑誌『愛煙家通信』(ワック)の刊行や運営するサイトで喫煙にまつわる情報を発信し、世論の支持を得たいという。

 「たばこを吸うことにすら、後ろめたい時代の雰囲気がある」と嘆くすぎやまさんは「ニコチン依存症と長く闘ってきた米国のオバマ大統領が隠れてたばこを吸うシーンが公にされたことがあった。このままでは喫煙行為に罪悪感だけが植え付けられる。これでは、多勢に無勢のような(喫煙を擁護する言論や表現が封殺されているとする)“禁煙ファシズム”です」と語気を強める。

 同研究会では年内にも、たばこの健康被害を専門にする医師や禁煙を推進するグループと意見交換の場を設けたいという。震災の復興財源にたばこ税を充てようという意見が浮上する中、「たばこの害と効用」についてどんな議論が展開されるのか注目したい。

 ≪NPO法人「日本禁煙学会」理事長で医師の作田学さんの話≫

 ■「喫煙者の目覚めを待つ」

 「われわれは喫煙者を敵視しているわけではない。人は行動の一貫性を重んじ、その行動を止めなければならないと分かったとき、不都合な情報を入れないようにしたり、その情報は誤りであると信じようとしたりする。たばこを吸う仲間内で集まり、『禁煙推進はファシズムだ』『たばこには効用だってある』『自分は肺がんにはならない』などとお互いをなぐさめ合っているようにしか見えない。喫煙者が目覚めるときを待っている」

 ■節電・夏を乗り切る「家庭の知恵」募集

 東日本大震災は大きな被害をもたらしました。福島第1原発の事故の影響で、電力不足や風評被害も起きています。こうした中で、私たちが今できること、家庭で実践している節電・エコ対策、夏を乗り切る方法、思いついたアイデアなど「家庭の知恵」をお寄せください。「私の“ワザ”」で随時紹介します。住所、氏名、年齢、職業、電話番号を明記し、〒100-8078 産経新聞文化部生活班まで。 〈メール〉life@sankei.co.jp 〈FAX〉03・3270・2424





*************************************

最後までお読みいただきありがとうございました




| 禁煙 | 08:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。