快適生活情報お知らせ板

快適な生活を送るためのヒントになるような情報を提供したいと思ってます。たまに脱線するかもしれませんが、よろしくお願いします。

2011年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

甘いものへの欲求を抑える方法が明らかに!?

逆に今まで判らなかったんだ?!って事の方が驚きです。

すい臓や腸といった内臓も味を認識してるってスゴいですね。
「あ~甘いもの食べたいなぁ」ってのはまさに全身が求めてるってわけですから、そりゃぁ我慢できないですわw

**********************************************************

雑誌を買うためにコンビニへ立ち寄ったはずが、必要のないチョコやクッキーなどの菓子類まで購入してしまうこと、皆さんも経験があるのでは? ついつい買ってしまったそのお菓子、あなたの身体は本当に必要としているのでしょうか。

3月8日付けの英「デイリーメール」電子版によれば、研究者らが人間の舌にある甘い物を認識する器官を発見したことを伝えています。この発見により、甘い物への欲求を抑える薬の開発が将来的には可能になるかもしれないということです。

米・ペンシルベニア州の都市フィラデルフィアにあるモネル・ケミカル・センシズ・センターの研究によれば、舌が甘さを認識する味蕾(みらい)には、 今まではひとつしかないと思われていた甘さを感じる受容器官が、実は3つあったことを発見したといいます。この甘味受容体は、腸やすい臓にもあることが知 られています。

舌にある「KATP」と呼ばれる甘味受容体は、甘いものに対する欲求を調整できる可能性があるとしています。研究が進めば、ケーキやアイスクリーム を食べた後には甘いものへの欲求を低下させたり、身体が砂糖を要求していると判断したときには欲求を高めることなどもできるようになるかもしれないとのこ と。「米国アカデミー紀要(PNAS)」ではマウスを使った実験の研究結果が報告されています。

甘いものへの欲求を抑制する薬が開発されれば、糖尿病や肥満の予防につながるかもしれません。ダイエットの成功率も高くなるかも……!?

「デイリーメール」電子版
スポンサーサイト

| 気になるニュース | 15:36 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。