快適生活情報お知らせ板

快適な生活を送るためのヒントになるような情報を提供したいと思ってます。たまに脱線するかもしれませんが、よろしくお願いします。

2014年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

インフル患者増、一部地域で流行の兆しも−東京や広島などで学級閉鎖

こんにちは

今日のオススメ記事です。

 インフルエンザの患者が増えていることが、厚生労働省がまとめた20日から26日までの週の全国の患者報告で分かった。前週に比べて2倍近く増えており、教育施設で学級・学年閉鎖となるケースが目立ち始めている。一部地域では、流行開始の目安を超過。患者が増加傾向の自治体では警戒を強めている。【新井哉】

 20日から26日までの週の全国約5000か所の定点医療機関当たりの患者報告数は、前週比1.8倍の0.07人を記録した。都道府県別では、沖縄が最多の0.69人で、以下は千葉(0.3人)、長崎(0.23人)、神奈川と広島(共に0.16人)などの順だった。

 前週比4倍超の報告数となった千葉県では、安房(1.71人)と香取(1.33人)の両保健所管内で流行開始の目安となっている1.0人を超過。長崎県でも上五島(2.0人)で目安を上回った。

 教育施設の学級閉鎖なども相次いでおり、厚労省によると、この週は、東京と千葉、広島(それぞれ2施設)、岡山と神奈川(それぞれ1施設)で学級閉鎖などの措置が取られた。今シーズン(9月1日以降)に休校や学級・学年閉鎖となった施設数は26日現在、計33施設で、395人の患者が報告されている。

 インフルエンザが疑われる疾患の集団発生が起き、27日に小学校1校が学級閉鎖となった広島県は、「特に基礎疾患を持つ方や、妊婦や高齢者、乳幼児は合併症を起こしたり、重症化したりする恐れがある」と指摘。インフルエンザの疑いがある場合は、早めに医療機関を受診することを求めている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141031-00000003-cbn-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト

| 未分類 | 21:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。