快適生活情報お知らせ板

快適な生活を送るためのヒントになるような情報を提供したいと思ってます。たまに脱線するかもしれませんが、よろしくお願いします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

中国の菓子大手「徐福記」、従業員に食中毒発生か、49人が入院・死亡者も

今日もお元気ですか?


ちょっと気になるニュースを見つけました。


*************************************

中国の菓子大手「徐福記」、従業員に食中毒発生か、49人が入院・死亡者も

写真拡大

中国の菓子大手メーカー・徐福記の傘下の工場で、食中毒の疑いと思われる事件が発生した。これに対し、徐福記側は、病原菌の検査報告結果が出た後、改めて説明を行うとしている。第一財経日報が伝えた。

【その他の写真】


徐福記の13日の発表によると、6月11日、徐福記の従業員の間で食中毒と思われる病状が発生し、6月13日12時までに49人が入院して治療を受けた。広東省東莞市疾患予防制御センターは、残飯や従業員の血液をサンプルとして収集し、検査を行っている。なお、死亡者の死因について、公安局が鑑定を行っている。
徐福記は11年7月、ネスレにより買収されている。ネスレは、111億元(約1665億円)で、同社の株式60%を購入した。また、11年12月には、シンガポール取引市場を撤退している。
徐福記側によると、食中毒発生の疑いのある工場の生産を自主的に取りやめ、従業員の寮、休憩所、作業場などの全面的に消毒作業を行った。同時に事件の発生前後の製品の出荷を見合わせ、検査を行っている。
この事件が発生して、徐福記のサプライヤー選択に対して、疑問の声が上がっている。徐福記の孫天珍報道官は記者に対し、「問題が発生した工場の食堂は6月1日に、『鴻宇膳食』というサプライヤーを利用し始めた。サプライヤーを選択する上で、弊社には厳格な資格審査と評価基準がある」と答えている。
食品販売の関係者によると、食品メーカーとして、このような事件を発生させたのは、徐福記の内部管理に不備があったのかもしれないと述べている。
(翻訳 劉英/編集翻訳 小菅友香子)

この記事の著作権は毎日中国経済に帰属します。
http://news.livedoor.com/article/detail/7767301/

*************************************


また次回をお楽しみに




| 未分類 | 17:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kaiteki2011.blog40.fc2.com/tb.php/4643-7f38838e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。