快適生活情報お知らせ板

快適な生活を送るためのヒントになるような情報を提供したいと思ってます。たまに脱線するかもしれませんが、よろしくお願いします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いずれぼくの仕事がなくなる世界を目指して —— 国際機関で働くこととは? ‐ユニセフ教育担当官・畠山勝太さんインタビュー - SYNODOS

いつもご覧いただき、ありがとうございます。


気になったニュースのお届けにあがりました。


*************************************

これまで「高校生のための教養入門」では、大学でそれぞれの専門分野をお教えしている先生にお話をお聞きしてきましたが、今回は趣を異にして、過去に世界銀行で働かれ、現在はユニセフに所属しジンバブエで働かれている畠山勝太さんに、「国際機関で働くこと」をテーマにお話をうかがいました。畠山さんが「国際機関」を目指したきっかけから、紆余曲折をへて実現されるまでのお話は、「国際機関で働きたい」という夢をより具体的に描くためのヒントになるに違いありません。(聞き手・構成/金子昂)

「国際機関」は種類も数もたくさん

―― 今回、畠山さんに「国際機関で働くこと」をテーマにインタビューをお願いしたところ、「最初に『国際機関』について説明したほうがいいと思う」とメールをいただきました。

「国際機関」と一口でいっても、機関も働いている人も多様でわかりづらいと思うので、最初におおまかに国際機関についてのお話をしておいたほうが、その後のインタビューがわかりやすくなると思ってメールをしました。

―― ありがとうございます。さっそくお話いただけますか?

そうですね、最初に国際機関にはだいたい四つくらいのグループがあることを知っておいてほしいです。

一つ目が、国際連合の組織のひとつであり、ぼくが以前働いていた「世界銀行」や「アジア開発銀行」「アフリカ開発銀行」といった、いわゆる「国際開発金融機関」と呼ばれるグループ。二つ目が同じく国連グループで、観光や郵便、食糧問題などテーマを絞って国際協力を行っているグループがあります。たとえば教育問題をとりあつかっている「ユネスコ」はこのグループですね。

三つ目はやはり国連グループで、おもに途上国の開発問題を扱っているグループですね。いまぼくが働いている「ユニセフ」、緒方貞子さんで有名な「UNHCR」などがこのグループにあたります。そして最後が、国連とは別の組織の国際機関。たとえばぼくがシノドスに寄稿したときにデータの参照元にしたOECDはこのグループですね。

このように「国際機関」といっても、グループが複数あり、それぞれのグループのなかにいろいろな機関が存在しているんですね。また、同じ機関のなかでも本部・地域事務所・現地事務所でやっていることもかなり違うので、国際機関といってもその内訳はきわめて多様です。

あなたも国際機関で働けるかも?

つぎに、国際機関は働く人も非常に多様だ、ということ。

ぼくは教育の専門家として国際機関で働いています。ほかにも保健医療や経済、インフラなど、さまざまな専門家が国際機関で働いています。それ以外に、民間の会社にもいるような広報や人事、経理といった仕事をしている人もいますし、またはコピーやレポートの装丁といった事務のサポートをしている人もいます。国際機関といっても、一般的にいわれているような大学院をでていないと就けないような仕事だけじゃないんですね。

―― ということは極端な例ですが、日本で働いている「コピー取りの達人」が国際機関で活躍することもありえるわけですね?

そうですね、ありえるかもしれません。

ただ、そういった仕事は現地採用の方がやられるので、日本にある国際機関の数はそう多くはないですから、日本人ではいくらコピー取りの達人でもさすがに難しいと思いますね。

あなたはなぜ「国際機関」を選んだのか

そして三つ目ですが、「国際機関で働く」ことを目標にしている高校生や大学生にはとくに知っておいてほしいことです。その目標の立て方は正しいのか、という話です。

というのも、国際協力の分野においては、国際機関のほかにも、二国間援助機関と呼ばれる組織もあります。有名なのは「JICA」ですね。

―― よく居酒屋や喫茶店のトイレにJICAの青年海外協力隊のポスターが貼ってありますね。

そう、JICAは青年海外協力隊のイメージが強いと思いますが、おもな仕事は国際機関のように、途上国のインフラ整備をしたり、理数科教員の訓練システムを作ったりといった開発援助の仕事で、国際協力分野の主要なアクターです。

さらにNGOも大きなアクターです。日本ではなかなか育っていませんが、イギリスやアメリカには国際機関に匹敵するようなNGOもあって、国際機関の職員よりも給与も雇用の安定性も良いようなところもあるんですよね。

つまりなにがいいたいかというと、「国際機関で働く」という目標は、「国際協力の分野でどのように働きたいか」という問いを立てたときにでてくるひとつの答えであって、最初から「国際機関で働きたい」と考えるのはちょっと違うと思うんですね。

もし「日の丸を背負って働きたい」と思っているならば、国際機関よりはJICAにいくほうがいい。「草の根で働きたい、市民社会について考えたい」と思っているならNGOのほうがいい。民間で途上国支援を行っている企業だってたくさんあります。

しかも、最初にお話したように、国際機関にはさまざまな組織があります。ぼくの専門である国際教育開発ですと、ユニセフ、世界銀行、ユネスコなどが取り組んでいますが、それぞれに教育へのアプローチが違っているんですよ。

ユニセフが教育問題に手をつけるのは、「子どもの権利条約」を具現化する手段のひとつだと考えているから。世界銀行は、最大のミッションである「貧困削減」と「経済成長」の実現に教育が有効な手段と考えている。そしてユネスコは、教育自体に価値があると考えているから、教育問題に取り組んでいるわけです。

このように教育ひとつとっても、組織によって目的が違い、職員の働き方も求められる専門性も違ってくるんです。だから、そもそも数ある国際協力分野の職場のなかでなぜ国際機関を選ぶのかを考えなくてはいけませんし、自分が取り組みたい分野、たとえば「教育」がそれだとしたら、どのようなアプローチで取り組みたいのかも考えないといけない。漠然と「国際機関で働きたい」と目標をたてるのは、ちょっと変えたほうがいいかもしれません。

つぎの仕事の心配をする日々

そして最後のお話ですが、国際機関は一般的な日本での働き方と全然違うということを知っておいてほしいと思います。

国際機関って、終身雇用なんてなくて、2年、3年と契約を繋いで働いていくんですよ。

―― 野球選手みたいですね。

まさにそうですね。

自分で空いているポストを探して申し込みをし、つぎの仕事を確保する。しかも2、3年の契約をとれるようになるのは30、40代になってからで、20代は、3か月や半年、長くて一年くらいの契約を次々と手に入れて生き残っていかなくちゃいけないんです。

また、キャリアパスも多様で、ぼくのように23歳から国際機関で働き始める人もいるし、40歳を過ぎてから国際機関に移ってこられる方もいます。さらに、いったん国際機関を離れてアカデミアやNGOに行った後に、また国際機関に戻ってくるというケースもよくあります。なので、こうすれば国際機関で働けるという決まったキャリアパスもあるわけではないんですね。

―― しかも日本だけじゃなくて、世界中がポストを争奪しあうわけですよね。

そうです、そこで勝ち続けなくちゃいけない。

さらに国際協力って分野の流行りすたりがあるんですよ。たとえば教育でしたら、この一年で援助額が6%も減少している。単純に考えると6%分、人が必要なくなっているということですよね。どんなに実力や意欲があっても、ポストがなければ働けません。これに国籍や性別といった要素も採用に絡んでくるので、運ゲームの要素がかなりあるといえるでしょう。

ただ、ポストがないということは、人事や予算配分がちゃんとおこなわれているのであれば、それだけ世界が良くなっているか、自分よりも優秀な人が世界を良くするために限られた予算を使っているということになるのですから、喜ばしいことだと思いますけどね。ぼくはこの業界で必要とされなくなったら大学院でスポーツ経営と統計を学んで、プロ野球か大リーグの球団職員を目指す予定です。

いま「国際機関で働くこと」を目標にしている人たちが実際に働いてみて「こんなはずじゃなかった」と思わないためにも、以上の四つの話はちゃんと抑えておいてほしいです。

1 2 3 4 !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src="//platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,"script","twitter-wjs"); window.___gcfg = {lang: 'ja'}; (function() { var po = document.createElement('script'); po.type = 'text/javascript'; po.async = true; po.src = 'https://apis.google.com/js/plusone.js'; var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(po, s); })();-->はてブボタンあわせて読みたい記事 UNIDOの中国人事務局長の誕生は朗報か - 長谷川 良 国連軍仏部隊に対する攻撃8仏のシリア非難) シリア情勢 日本のビジョン「100の行動」: 19.レジティメート・パワー(国際機関を通しての発言力アップを!) シリア情勢(22日)

関連記事一覧(6)

SYNODOS記事一覧支持一覧

知のプラットフォーム

@synodosをtwitterで新着記事 被ばくおよび被ばく検査に関するQ&A - 坪倉 正治 非営利組織としての自治体の可能性――『自治体のエネルギー戦略』インタビュー 入会なんて聞いてない ―― 父親たちの語るPTA(前編) 精神保健福祉法改正の周辺とあとさき ―― 医療をめぐる強制と家族の問題を中心に 岩井圭司 / 精神科医 書くことは私の命綱であり防御壁 「見えない障害」を可視化する・困ってるズ!メールマガジン ブロガーが見るソーシャルイノベーションの今 ブロガーが見るソーシャルイノベーションの今 働く前に読んでおきたい6つの話主要政治経済・社会ライフウェブメディアビッグデータ販売、ルール整備を1見当はずれな国内の"麻生擁護"48憲法改正は天皇陛下から学べ5国債が不安定な今こそ地銀再編を6消費税の法人税より優れている点7青少年を"守らない"東京都の条例19「バルス」ツイート、熱冷めた?7韓国に裁量権がある"入国の可否"6逆境のベルルスコーニ氏、反撃か4ネットでの差別的発言、対処法は22納得できない孫正義氏の言い分5"流動化"が求められる社長や官僚8見当はずれな国内の"麻生擁護"48憲法改正は天皇陛下から学べ5民主党には"解党的改革"しかない13麻生氏はむしろ憲法改正に慎重34夏祭りに対する議員の本音と建前5集団的自衛権の原型は"親子関係"7"麻生失言"はマスコミの捏造か123麻生失言問題を引き起こしたもの25社会保障において必要な歳出削減2政府に必要な歳出削減のしくみ6参院選当選議員らが国会初当院66石破氏“ナチス発言”にコメント32消費増税への立場と消費税の利点7国債が不安定な今こそ地銀再編を6韓国に裁量権がある"入国の可否"6逆境のベルルスコーニ氏、反撃か4数字では分からない雇用回復の質2"流動化"が求められる社長や官僚8宮崎駿氏に見る日本の"ジレンマ"27"ネトウヨ炎上ビジネス"の仕組み93モトローラの"賭け"は吉と出るか5真意が知りたい麻生氏の改憲発言5BRICsに代わる投資の3大トレンド6米大手100社中82社が税金逃れか6青少年を守らない東京都の条例19自閉症者の"奇妙な行動"と健常者14"成果主義人事"やめる伊藤忠19"花王の判断"は正しかったのか22数字で見るニートの若者の現状17カネボウ問題、慰謝料はどうなる12"女性活用"の経済効果はいかに6PTAは「野鳥の会」と変わらない33死亡保険がいらないフィンランド20海外でも「年功賃金」は当たり前14"新興国で母国の仕事"という未来10精神病患者と家族をめぐる問題26「バルス」ツイート、熱冷めた?7ネットでの差別的発言、対処法は22モバイル業界の"無料戦略"モデル3"モバキャス強化"ドコモの狙いは2絶好調"コロプラ"10年以上の歴史3個人に今後求められるスキルとは12Facebookハッシュタグの効果は5ビッグデータ参院選予測を評価4情報流出を防げないIT業界の現状10世界展開を狙うウェザーニュース7戦略コンサルはデータ分析に適任4韓国NHN、今後はLINE次第か8保守の受け皿になる沖縄紙を3DeNAの成功感じる『不格好経営』3納得できない孫正義氏の言い分5宮崎駿の描く"人間"を考える12麻生発言で"日和見"した朝日新聞79著作権から考える土屋アンナ騒動4沖縄の"第三紙"はウェブがいい?7英大衆紙サンがサイト閲読有料化8米、デジタル接触がテレビ抜く25半沢直樹とあまちゃんの共通点は25今後のハフポストはどうなるのか16池上選挙特番のスタンスに関心3総合ランキング1

「バルス」とアイドルとお祭り

2

麻生発言に対するドメスティックな擁護論
脇田 栄一

3

リベラルな日本人と韓国の大誤算
宮島理

4

【赤木智弘の眼光紙背】「今の東京では、熱と未成年...
赤木智弘

5

「自閉症者の奇妙な振る舞い」を笑ってしまうことにつ...
Hayato Ikeda

6

女子大生でも分かる、内部留保と現金の違い。
中嶋よしふみ

7

今、学ぶべきこと-臨時国会召集
階猛

8

地方にこもる若者たち
fujipon

9

消費税はここが優れている!
小笠原誠治

10

「ナチス政権の手口」についての麻生発言に関する質...
福島みずほ

ランキング一覧

(function(d){d.write("");})(document); 政治経済・社会ライフウェブメディア見当はずれな国内の"麻生擁護"48憲法改正は天皇陛下から学べ5民主党には"解党的改革"しかない13麻生氏はむしろ憲法改正に慎重34夏祭りに対する議員の本音と建前5集団的自衛権の原型は"親子関係"7"麻生失言"はマスコミの捏造か123麻生失言問題を引き起こしたもの25社会保障において必要な歳出削減2政府に必要な歳出削減のしくみ6

» 新着記事一覧

消費増税への立場と消費税の利点7国債が不安定な今こそ地銀再編を6韓国に裁量権がある"入国の可否"6逆境のベルルスコーニ氏、反撃か4数字では分からない雇用回復の質2"流動化"が求められる社長や官僚8宮崎駿氏に見る日本の"ジレンマ"27"ネトウヨ炎上ビジネス"の仕組み93モトローラの"賭け"は吉と出るか5真意が知りたい麻生氏の改憲発言5

» 新着記事一覧

青少年を守らない東京都の条例19自閉症者の"奇妙な行動"と健常者14"成果主義人事"やめる伊藤忠19"花王の判断"は正しかったのか22数字で見るニートの若者の現状17カネボウ問題、慰謝料はどうなる12"女性活用"の経済効果はいかに6PTAは「野鳥の会」と変わらない33死亡保険がいらないフィンランド20海外でも「年功賃金」は当たり前14

» 新着記事一覧

「バルス」ツイート、熱冷めた?7ネットでの差別的発言、対処法は22モバイル業界の"無料戦略"モデル3"モバキャス強化"ドコモの狙いは2絶好調"コロプラ"10年以上の歴史3個人に今後求められるスキルとは12Facebookハッシュタグの効果は5ビッグデータ参院選予測を評価4情報流出を防げないIT業界の現状10世界展開を狙うウェザーニュース7

» 新着記事一覧

保守の受け皿になる沖縄紙を3DeNAの成功感じる『不格好経営』3納得できない孫正義氏の言い分5宮崎駿の描く"人間"を考える12麻生発言で"日和見"した朝日新聞79著作権から考える土屋アンナ騒動4沖縄の"第三紙"はウェブがいい?7英大衆紙サンがサイト閲読有料化8米、デジタル接触がテレビ抜く25半沢直樹とあまちゃんの共通点は25

» 新着記事一覧

編集長のおすすめ元CIAスノーデン氏、ロシア入国の背景

AP/アフロ

佐藤優氏が解説ハフィントン・ポストはどこへ行く?

Huffington Post

松浦編集長が語る"ネット選挙"大反省会

編集部撮影

各社の担当者が語る! BLOGOSを使いこなそう!BLOG推薦議題推薦 (function(d){d.write('');})(document); 記事ランキング1

【赤木智弘の眼光紙背】「今の東京では、熱と未成年...
赤木智弘

2

「自閉症者の奇妙な振る舞い」を笑ってしまうことにつ...
Hayato Ikeda

3

育児に「参加」する父親はもう古い
Hayato Ikeda

4

「鮮度落ちるから」とバイト契約打ち切り!? 有期雇...
弁護士ドットコム

5

格差社会 金持ちはどう生きればいいの?
信託大好きおばちゃん

6

続:無期雇用労働者を増やすはずの「改正労働契約法」...
鍋党

» 記事ランキング一覧

ヘッドライン

記事

麻生発言に喜ぶマスコミ

記事

盆踊りに参加する政治家の本音

記事

「子どもに優しい社会」を

記事

"未成年者は夜中に出歩くな"

記事

"バルス"ツイートは「祭り」

記事

ニューズウィーク、またも身売り
livedoor ニュース 安倍首相、靖国参拝見送りへ訓練で女児引火 消防団長が謝罪無免許の17歳にはねられ女児重体民放アナ 維新の要請を再度拒否帝京大生、教員への中傷で停学か激高し女性殺害、仲裁の父も重傷マッサージ店で「けが人」相次ぐ麻生氏の発言は「擁護できない」従業員が炎上の丸源ラーメン謝罪関東連合 生まれた背景にお受験?

» トピックス一覧

px">

ジャンル : 著者: 戻る 進む

戻る

進む

iPhoneiPadandroidandroid使い方BLOGOSとは推奨環境ガイドライン記事議論マイページ生放送意見マルチデバイスで利用iPhone/iPadアプリAndroid/Android TabletアプリRSSを登録する新着記事編集部オススメ記事新着議題ジャンル政治経済・社会ライフウェブメディア記事を見る最新記事閲覧数ランキング支持ランキング参加ブロガーブロガー一覧政治家一覧生放送生放送一覧BLOGOSに参加するログインするメリットブロガーになる(要ログイン)議論を行う新着意見議論の一覧ブログ・議論・スタッフ募集ブロガー推薦議題を提案スタッフ募集お問い合わせ フィードバック 広告掲載について BLOGOS編集部編集チームの紹介BLOGOSが約束すること連携サイトTwitter(公式アカウント)Facebook(ファンページ)mixi(ページ)UstreamニコニコYouTube関連サービスlivedoorlivedoor ニュースBLOGOS メルマガログインログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

意見を書き込むには FacebookID、TwitterID、mixiID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。

facebook IDtwitter IDmixi IDYahoo IDlivedoor IDログインしてBLOGOSをもっと便利にif ( $.browser.msie && $.browser.version.match(/^6\./) ){ // does not support article navigator on IE6}else if (navigator.userAgent.match(/(ipod|iphone)/i) && !navigator.userAgent.match(/ipad/i) ) { // display on iphone with ignore_lite query}else if (navigator.userAgent.match(/android/i) && navigator.userAgent.match(/mobile/i) ) { // display on android with ignore_lite query}else { $('#axis_navigator_container').show(); kotzen.article.navigator(67176);}function ready_authorizer(is_login,member){ kotzen.member_relation.get('fun-blogger'); }kotzen.analytics.increment_article(67176,'article-view-count');kotzen.karma.get('article','karma-article');kotzen.pageHistory.append('article',67176);kotzen.pickup_article_main_simple.init(3);kotzen.ad_fixed.init({afc:'.scroll-fixed-block',content:'.column-2cell'}); kotzen.pickup_article.init(3); kotzen.site_info.load_blogos_info();

0 ){ %>

ログアウトログインさん ご登録ありがとうございます

さんの、内容変更はマイページの設定でいつでもできます。

ログインはじめてログインする方

で認証ができました。

利用規約に同意する。新規登録他の認証アカウントでログインしたことのある方

今までにログインしたことのあるアカウントをお選びください。
同じユーザーとしてログインが可能になります。

livedoorでログインmixiでログインtwitterでログインfacebookでログインyahoo_jpでログイン$(document).ready(function(){ $(".login").colorbox({width:"720px", inline:true, href:"#login_panel" , opacity:0.7 }); kotzen.auth.load_profile(); $("#showcase").awShowcase({ content_width: 590, content_height: 380, btn_numbers: true, keybord_keys: false, stoponclick: false, transition: 'hslide', transition_delay: 0, transition_speed: 350, thumbnails_slidex: 1, speed_change: true }); kotzen.totop.load();});function popup(a){ var width = $(a).attr('data-width') || 720; var height = $(a).attr('data-height') || 500; var left = (screen.availWidth - width) / 2; var top = (screen.availHeight - height) / 2; var scrollbars = $(a).attr('data-scrollbars') || 'no'; left = left function extractParamFromUri(uri, paramName) { if (!uri) { return; } var uri = uri.split('#')[0]; // Remove anchor. var parts = uri.split('?'); // Check for query params. if (parts.length == 1) { return; } var query = decodeURI(parts[1]); // Find url param. paramName += '='; var params = query.split('&'); for (var i = 0, param; param = params[i]; ++i) { if (param.indexOf(paramName) === 0) { return unescape(param.split('=')[1]); } }}twttr.events.bind('tweet', function(event) { if (event) { var targetUrl; if (event.target && event.target.nodeName == 'IFRAME') { targetUrl = extractParamFromUri(event.target.src, 'url'); } _gaq.push(['_trackSocial', 'twitter', 'tweet', targetUrl]); }});

この記事の著作権はSYNODOSに帰属します。
http://news.livedoor.com/article/detail/7903184/

*************************************


では、また次回お会いしましょう


| 未分類 | 03:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kaiteki2011.blog40.fc2.com/tb.php/4727-d30a4b13

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。