快適生活情報お知らせ板

快適な生活を送るためのヒントになるような情報を提供したいと思ってます。たまに脱線するかもしれませんが、よろしくお願いします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

真夏の食中毒防止!お弁当のおかずで注意が必要なものとは

いつもご覧いただき、ありがとうございます。


気になったニュースのお届けにあがりました。


*************************************

真夏の食中毒防止!お弁当のおかずで注意が必要なものとは夏になると食材が痛みやすくなるため食中毒が心配ですよね。学校や会社に毎日持っていくお弁当も中身が大丈夫なのかどうか気になるところ。
今回は、結婚式場選びNo.1口コミサイト「みんなのウェディング」編集部が、真夏のお弁当にはNGなおかずを紹介します。

生野菜
生野菜は水分を多く含みますから、痛みやすく菌が繁殖する原因となりやすいもの。野菜は茹でて水分をきっちり切る、梅干しなどの抗菌作用のある食材と和えるなどして加工してから詰めるようにしましょう。

じゃがいも・さつまいもなど芋類
水分が少ないため問題なく見える芋類ですが、実はデンプンが多いため痛みやすい食材。夏は入れるのを避けた方が良いでしょう。

かまぼこ・ちくわなどの練り製品
練り製品など、要冷蔵の食品はお弁当にそのまま詰めると痛みやすい食材です。ハムやソーセージも同様ですが、必ず火を通してから入れるようにしましょう。

野菜炒めや煮物など水分が出やすいおかず
野菜炒めや煮物など水分が多いものは腐りやすくなってしまいます。炒め物は、作ったときは問題なくとも時間が経つと水が出てきてしまうことも。煮物ならしっかり水分がなくなるまで煮詰めたものなら大丈夫です。

炊き込みごはん・チャーハンなど
炊き込みごはんやチャーハンなどの調理されたお米は白米よりかなり腐りやすいそう。いなり寿司なども水分を多く含むのでおすすめできません。夏場は白いごはんか、梅干しのおにぎりなどが安心です。

まずは菌を繁殖させない工夫を
食材を痛ませないためには、まずはお弁当に菌が付着するのを防ぐこと。手をきれいに洗い、おにぎりなら手ではなくラップで握りましょう。お弁当箱の水分はきちんと拭き取り、お弁当を詰める箸は人の口に触れないよう注意!後はおかずをしっかり冷ましてからお弁当箱に詰めるのがコツです。

編集部まとめ
せっかくのお弁当ですから、おいしく安全に食べられる気遣いをしたいですね。真夏は保冷剤をつけてお弁当を低い温度に保つようにしましょう。

この記事の著作権はみんなのウェディングに帰属します。
http://news.livedoor.com/article/detail/7846186/

*************************************


また次回をお楽しみに




| 未分類 | 19:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kaiteki2011.blog40.fc2.com/tb.php/4771-c78e65c2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。