快適生活情報お知らせ板

快適な生活を送るためのヒントになるような情報を提供したいと思ってます。たまに脱線するかもしれませんが、よろしくお願いします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

豪華な1品に早変わりっ!冷蔵庫のしなしな野菜の活用法

今日もお元気ですか?


ちょっと気になるニュースを見つけました。


*************************************

豪華な1品に早変わりっ!冷蔵庫のしなしな野菜の活用法写真拡大 倹約のため、健康のためにと自炊をしている人が増えている。しかし、ジトジトした梅雨真っ盛りのこの時期は、食べ物が傷むのが早い。せっかく材料を買っても忙しさにかまけて冷蔵庫の中身をおざなりにし、気がついたときには冷蔵庫の野菜が全滅…という経験はみなさんもあるのではないだろうか?
「毎回、その連続です。ほとほと自分がヤになります」という雅代さん(33才)もそんな経験をするひとり。マスコミ勤務で、不規則な生活になりがちな彼女は、食事は外食かコンビニ食が基本なので、せめて自宅でサラダを作って食べようとスーパーで野菜を買うそうだが……。

「1日か2日は作るんです。でもいつの間にか忘れて、気が付くと2週間くらい放置していて野菜がしなしなになっているんです。食べられるかもって思うんですけど、この時期は衛生面も心配だし。悩んだ末に、ゴミ箱行きです」

最近では生ゴミを捨てるのも有料という自治体も増えている。雅代さんは「どうにかならないかな」と苦笑いだ。

ネイルサロンで勤務している麻己さん(29才)は自分なりに努力をしているそうだが…。

「仕事が終わるとげっそりしてご飯を作る気力がなくなっちゃうことが多いです。もう野菜がダメになるギリギリだなっていうときは、とにかく浅漬けの素とか、すし酢を買ってきて、残り野菜を漬け物にしちゃいます。夜15分だけ頑張れば朝にはできるので、出かける支度をしながらポリポリ食べたり、タッパーに入れて仕事場に持っていきます。プチトマトとすし酢で作った甘酢漬けは脂っこいお弁当のあとに食べるといいんですよ」

しなしなになった野菜は、肉や魚と違って少し傷んでいるくらいならまだ食べられそうな気がする。しかし、ほんとのところしなしなになった野菜はどのくらいまで食べられるのだろう? 

そんな折、見れば作れる!読まずに作れる!写真図解式雑誌『食べようび』(8月号)を発見した!その付録は野菜の『くさりかけ辞典』がついているという。その内容を見てみると……?

・青じそ…緑色で全体的にしなしなとなっているなら、軸を水につければシャキっとする。それでも戻らないなら刻んで炒め物の最後に散らして食べる。

・アボカド…一部黒くなっているところがある場合はそこを切り取れば食べられる。黒い斑点が出ているときは筋っぽいので炒めれば大丈夫!

・きゅうり…水分が抜けきってしなしな。これは漬け物向きになっているので、薄切りにして麺つゆやポン酢で和えれば簡単浅漬けに! ごま油で軽く炒めた中華風もおいしい。

・しいたけ…かさの裏側が茶色くてハリがない。こんなときは薄切りにして炒め物に。また、ひだに白い膜がついているものはOKだが、水っぽいものはアウト。

・玉ねぎ…ぶよぶよして茶色くなっていてもニオイが変わってなければセーフ。茶色の部分とその周辺を除いて加熱調理を。芽が出てきていたら、あえて日のあたるところに置き、15cmくらい育ったら収穫。味噌汁の具や炒め物に合う!

・なす…中に黒い点々があるのは熟成が進んでいる証拠。えぐみはあるが、角切りにして炒め物に。またしなしなの場合は味が染み込みやすい状態なのでパスタソースに。

・にんにく…気がついたら芽が伸びていた! でもそれは中華でおなじみのニンニクの芽。栄養価が高いので捨てずに炒め物などにして食べよう。

・トマト…皮にハリがなくブヨブヨでも、黒ずんで皮が破れたりカビが生えていたりしない限り食べられる。甘みが増していてトマトソースにするとおいしい。ヘタはカビが生えやすいので買ってきたらすぐ取って。

また、上記のしなしな食材を使って豪華な1品によみがえる! 同誌に載っていた『アボカドごろごろメシ』(文頭の写真)を紹介しよう

●材料(一人分)調理時間10分、カロリー742kcal、塩分2.3g

アボカド…1個、プチトマト…4個、青じその葉…2枚、スライスチーズ…1枚、バター…5g、しょうゆ…小さじ1杯、温かいごはん…どんぶり一杯、水…大さじ2、粗びき黒コショウ…少々

●作り方
*下準備*
アボカドは皮をむき、種を取って一口大に、プチトマトは縦半分に、青じその葉は5mm四方に切る。

(1)フライパンを火にかけ温まったらバターを溶かす。中火にしてアボカド、プチトマトを1分間炒める。
(2)(1)に水を加え、ふたをして1分間蒸す。
(3)ふたを取ってさらに炒める。
(4)しょうゆを加えてさっと混ぜる。

*仕上げ*
温かいご飯を丼に盛り、炒めた具材をのせる。青じそを散らし、粗びき黒コショウをふって完成!

 家に帰って10分でこんな料理が食べられるなら嬉しい。しなしなお野菜でもすぐ捨てずに使い方を考えてみよう。ただし、食中毒が多い季節。ニオイがしたり、水っぽかったり、明らかに腐っている場合は潔く捨てよう。賢く、上手においしく調理して、自炊ライフを楽しんで!(パンチ広沢)

食べようびweb

この記事の著作権は独女通信に帰属します。
http://news.livedoor.com/article/detail/7833262/

*************************************


最後までお読みいただきありがとうございました


| 未分類 | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kaiteki2011.blog40.fc2.com/tb.php/4778-0e67f5d5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。