快適生活情報お知らせ板

快適な生活を送るためのヒントになるような情報を提供したいと思ってます。たまに脱線するかもしれませんが、よろしくお願いします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

菌を撃退 冷蔵庫のオススメ整頓術

いつもご覧いただきありがとうございます。


快適な生活へのお手伝いができればいいなと思ってます



ニュースのお届けにあがりました。


*************************************

0702_2

暑い夏は食中毒対策など、食べ物に気を使う季節ですね。手洗いやウガイ、調理器具の滅菌など、ご家庭によってもその対策もいろいろだと思います。でも皆さんは冷蔵庫にも細菌がたくさんいることをご存じですか?

冷蔵庫に食材を入れておけば安心!と思っている方……実は冷蔵庫は細菌の動きが鈍っているというだけで、細菌が消えているというわけではありません。せっかく食中毒対策を意識していても、冷蔵庫がカビや細菌の温床に……となってしまっては健康にもよくないですね。

そこで今回は、冷蔵庫の整頓方法をご紹介します。ぜひもう一度ご家庭の冷蔵庫を見なおして、細菌の寝床になっている部分がないか、チェックしてみてくださいね!

■整頓方法1*庫内をお掃除

まずは増えてしまった菌を除菌しましょう。掃除の際は電源を切り、保冷バックや発泡スチロールなどがあれば、食材をそちらへ移しておきましょう。

空になった冷蔵庫に“重曹”を溶かした水をまんべんなくふって、布巾で汚れを拭き取ります。重曹は油汚れに強く、消臭効果も期待できます。重曹で庫内をざっと拭き掃除したら、“エタノール”液を庫内にふって除菌します。エタノールはお酒のアルコール分なので、洗剤と違って二度拭きする手間もなく、食品にも安心です。パッキンなどの細かい部分は“綿棒”を使いましょう。

あとは時間のある時に、「明日は下の段だけ」「明後日は冷凍室のみ」など、部分ごとの定期的な掃除をおこなえば、面倒に感じる冷蔵庫掃除もラクラク短時間でこなせます。

■整頓方法2*冷蔵庫NGを確認

食品を何でも冷蔵庫に入れてしまってはいませんか?冷蔵庫には基本的に「要冷蔵」のものだけを入れるようにしましょう。冷蔵庫内の量が増えることで、庫内に冷気がまんべんなく行き渡らなくなってしまうこともあるので、冷蔵庫に入れる必要のないものは、常温で保管するようにしましょう。

冷蔵庫にいれるとNGなモノについては、以前にご紹介した記事にも詳細が掲載されているので、ぜひあわせて参考にされてみてくださいね。

【入れちゃダメ 冷蔵庫の意外なルール】
http://news.aeonsquare.net/3722/

■整頓方法3*グループで管理

たとえばお弁当の食材を取る時に、右上、左下など、いろいろなところに必要な食材が散らばっていることはありませんか?その場合、それだけ探す手間もかかりますし、庫内の温度も下がって、菌の動きが活発になり、食材が傷みやすくなってしまいます。そのため庫内の中は、生活スタイルに合わせて、極力グループごとにしまう場所を決めておくことをオススメします。

たとえば「朝食によく使うものゾーン」「お弁当によく使うものゾーン」「ソース・ドレッシング類」「飲み物類」「つくり置き類」など、ひとまとめにできるものはまとめて、探す手間を省いてしまいましょう。

■整頓方法4*見える収納

せっかくグループ分しても、中身の見えないタッパーや箱などに入れられていると、中を確認する手間が必要になってしまいます。そこで、収納の際は、なるべく透明なタッパーや袋などを使って収納するように心がけてみましょう。

どうしても中身が見えないものは、見えやすい位置にシールを貼っておくと良いでしょう。誰が見ても、冷蔵庫を開けた瞬間に、どこに何があるかがわかる収納を意識してみましょう。

■整頓方法5*身近なグッズを活用

小さかったりバラけやすいものは、透明のケースに入れたりブックスタンドを使って立てるなど、身近なグッズも活用してみましょう。飲み終わった“牛乳パック”を野菜室の“ネギ立て”として使ったり、色付きクリップでハムなど薄い食材を挟めば、すぐに使いかけがわかる目印になったりもします。

冷蔵庫にたくさんのストックがある場合は、全てが見えるように配置を考え、目印を付けるなどして、他の食品に埋もれてしまわないように注意してみましょう。

■整頓方法6*期限の管理

消費期限が過ぎた食品をいつまでも冷蔵庫にいれておくと、そこから菌が発生したり、知らずに食べてしまうことで、食中毒の原因になってしまう可能性もあります。

そのため、賞味期限や消費期限があるものに関しては、スーパーやコンビニのような配列を意識して、早く期限が切れるものから手前に並べるようにしたり、たまに期限を確認した際は、こま目にメモなどを冷蔵庫の扉などに残すようにしておくと良いでしょう。

最近では『レシぽん』など、冷蔵庫の食材を管理してくれるアプリなどもあるので、こういったものも活用してみると、より冷蔵庫の管理が簡単になりますね。

【iPhone】レシぽん
https://itunes.apple.com/jp/app/reshipon-leng-zang-ku-shi/id454681143?mt=8
【Android】レシぽん
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.recipom.android

いかがでしたか?冷蔵庫内を整頓することは食中毒予防にも繋がりますが、冷蔵庫がスッキリ整理されると、ストックが必要なものなどがスグにわかるので、無駄な買い物も減りそうですね。ぜひ“最近、冷蔵庫が散らかってるなぁ〜……”と感じた方は、少しずつでも実践して、“細菌ゼロ”のスッキリ綺麗な冷蔵庫を目指しましょう!



この記事の著作権はイオンスクエアニュースに帰属します。
http://news.livedoor.com/article/detail/7818780/

*************************************


最後までお読みいただきありがとうございました


| 未分類 | 16:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kaiteki2011.blog40.fc2.com/tb.php/4790-e83aeb7f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。