快適生活情報お知らせ板

快適な生活を送るためのヒントになるような情報を提供したいと思ってます。たまに脱線するかもしれませんが、よろしくお願いします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

時間が止まった棚

今日もお元気ですか?


ちょっと気になるニュースを見つけました。


*************************************

時間が止まった棚本屋図鑑、旅の記録。(『本屋図鑑』より。画・得地直美)

本屋という場所は、実際に行って見てみないとわからない。島田さんは西日本のある県で、おばあさんが帳場に座る小さな本屋に入る。コミックの棚には『東大一直線』が並んでいた。

■実際に行ってみないと

『本屋図鑑』に掲載する書店は、2つのルールで選んだ。

47都道府県の本屋さんを紹介すること。

「図鑑」と銘打っているのだから、いろんなタイプの本屋さんを紹介するということ。

いろんなタイプとは、すなわち、店舗のサイズ、ロケーション、経営形態、棚の種類、を指す。

「棚の種類」に関しては、ある程度、知識があった。「店舗のサイズ」のことも、少しは知っていた。大きな店のほとんどは、複数の県で展開しているチェーン店か、ないしは、その県を代表する「地方の雄」ともいうべき本屋さんである。たとえ、行ったことがなくても、知人に聞くか、インターネットで調べれば、ある程度の下情報を得ることができた。

わからなかったのは、小さな町で長く続けている個人経営の本屋さんだった。こうしたお店の情報は、まずインターネットには出てこなかった。実際に行って見てみないと、なにもわからなかった。

ぼくは、google mapで「書店」と打ち込み、まずは、お店がいまもやっているかどうかを確認するために、電話をかけた。

僻地であればあるほど、いまはもうやめてしまった、という回答が多かった。または、いまは配達と外商が中心で、店内はガラガラなのだ、という話もよく聞いた。

ある西日本の県では、10軒に電話をかけて、10軒とも、そうした返事しか返ってこなかった。電話の声の主はおそらく、みな五十代以上の人だった。不審がられているのかもしれないと思った。行ったほうが早いと思って、飛行機で行った。

■昭和54年の文庫フェア

春の晴れた日に、空港でレンタカーを借り、断られた本屋さんを西から順に訪ねた。もちろん、この県にもチェーン店はたくさんあるのである。ただ、『本屋図鑑』という書籍の全体のバランスを考えると、この県では、チェーン店ではなく、地元にとけ込んだ、町の普通の本屋さんを取り上げたかった。

ぼくははじめに県庁所在地に行き、この県を代表するだろうチェーン店を2軒見た。ともに300坪以上の店で、平日の午前とはいえ、店内は常連のお客さんたちでにぎわっていた。専門書も充実しており、この県が決して本が売れないという土地柄ではないことが、なんとなく予測できた。

駐車場近くのコンビニでパンを買い、車のなかで食べながら、すぐに移動した。まずは車で30分ほどの距離にある隣の市から。

この10年で、日本のロードサイドの風景は、ほとんど同じになった。ぼくは車を運転しながら、見慣れた家電量販店や牛丼屋などの看板をながめた。同じ県道には、全国にチェーンを展開する某書店が、広い駐車場をかまえて営業していた。ぼくが行きたかったのは、ここから300メートルほど裏に入った、小学校の近くにあるA書店だった。

A書店は、坂の途中にある、20坪ほどの本屋さんであった。まわりは住宅地で、はす向かいに、パンやジュースなどを売る、むかしながらの食料品店があった。

店内に足を踏み入れ、すぐに、店主が電話で言っていたことが嘘でないとわかった。とにかく、本が少なかった。それなりに揃っているのはコミックだけだった。雑誌はそれぞれ1冊ずつ面陳(表紙が見えるように棚に陳列すること)され、夏目漱石や司馬遼太郎の文庫本でさえも、1冊ずつ間隔をおいて面陳されていた。単行本はというと、そのほとんどが日焼けし、返本できなくなったものばかりが店の片隅に並んでいた。店の3分の1は、なにもなかった。ただ、空っぽの本棚と、観葉植物だけが置いてあった。ぼくは挨拶すらできなかった。逃げるように、店を出た。

同じ市にある、もうひとつの書店は、A書店ほどではないにせよ、やはり本が少なかった。ここは15坪ほどの店で、単行本だけでなく文庫本もほとんど置いていなかった。残っていた文庫本はすべて日焼けしていた。A書店と違うのは、女性実用書が、少し活気があるように見えたことだけだった。

この日は、県庁所在地にある大型店と合わせると、計11軒の本屋さんをまわった。そして、絶望に近いような気持ちを味わった。

ぼくが訪ねた、チェーン店以外の店(計7軒)は、程度の差こそあれ、すべて、棚が埋まっていなかった。お客さんもほとんどいなかった。けれど、それとは対照的に、ロードサイドにあるチェーン店や、ショッピングセンターに入っている店には、少なくないお客さんたちがいた。違いは、無料の大きな駐車場があるか、ないか、それだけのように思えた。

ある書店主は、昭和40年の後半には、モータリゼーションの兆しがあった、と言った。そのころから人々は車で郊外へ出はじめた。商店街のにぎわいは、少しずつ失われていった。

この日訪ねた商店街の本屋さんには、昭和54年の文庫フェアが、そのまま綺麗に残っていた。「講談社文庫 推理・SFフェア」という赤い帯がついた文庫が、ずらっと文庫棚に並んでいた。コミック売り場に行くと、同じく、昭和50年代前半に人気をはくした『東大一直線』が、書棚を埋めていた。

完全に、時が止まっていた。

人がいなくなった町の本屋さんに来ているかのようだった。

もちろん、帳場には人がいた。

テレビを見ていたその老婆に、ぼくは昭和54年の文庫を差し出した。取材依頼の電話をした者です、とは口がさけても言えなかった。

「260円です」と老婆は言った。

「消費税は?」と聞くと、「まけときますよ」と言った。

----------

『東大一直線』
 小林 よしのり/小学館

----------

●次回予告
大きさや、並んでいる本や、どの町にあるかといったことに関わらず、島田さんは自分が「いいなあ」と思う本屋に共通項があることに気づく。そういう本屋で聞こえてくる声がある。次回、連載最終回《本屋のこれから》、9月1日更新予定。

(文=島田潤一郎(夏葉社代表))


この記事の著作権はプレジデントオンラインに帰属します。
http://news.livedoor.com/article/detail/7982131/

*************************************


では、また次回お会いしましょう


| 未分類 | 13:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kaiteki2011.blog40.fc2.com/tb.php/4865-89658eec

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。