快適生活情報お知らせ板

快適な生活を送るためのヒントになるような情報を提供したいと思ってます。たまに脱線するかもしれませんが、よろしくお願いします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「フェスはただの音楽鑑賞会じゃない」リリー・フランキーが考える“理想のフェス”とは?

今日もお元気ですか?


ちょっと気になるニュースを見つけました。


*************************************

「フェスはただの音楽鑑賞会じゃない」リリー・フランキーが考える“理想のフェス”とは?

写真拡大

ザンジバルナイト2013/2013年9月21日(土) 東京都 新木場STUDIO COAST OPEN 14:00 / START 15:00

 リリー・フランキー氏が開催するライブ・イベント「ザンジバルナイト2013」が、9月21日に東京・新木場STUDIO COASTにて開催される。同イベントはジャンルや形式にとらわれず、ミュージシャンやDJだけではなく、今注目のアイドルやお笑い芸人、さらには文化人などが一同に集結し、通常の音楽イベントとは趣を異にしているのが特徴だ。さらに今年は、同イベントとしては初となる3ステージを設置、フェス形式での開催となっている。

 リリー氏は、このイベントで、いったいどんな空間を生みだそうとしているのか。ザンジバルナイトの詳細から、その根底にあるリリー氏の音楽観、文化観までを語ってもらった。

——ザンジバルナイトは、ミュージシャンだけではなく、お笑い芸人や文筆家もキャスティングされています。

リリー・フランキー(以下、リリー):キャスティングに関しては、2006年に代官山のUNITでやっていた頃からそうなんだけど、基本的にはとにかく気になる人に声をかけるって感じ。今回は特に多業種を集めていて、現代芸術家がいたり、芸人さんがいたり、アイドルがいたり、ミュージシャンがいたり、映画監督がいたりして、いろんな文化がグシャっと集まった感じになっている。今、たくさんのフェスやライブがあって、それぞれの特色が見えにくくなっているけど、カオス感で言えばザンジバルナイトが一番なんじゃないかな。東京でやるからこそのカオス感というか、整理されていない感じが面白いと思って(笑)。

——今回、日比谷野音から、メインステージ以外にも複数のステージがあるSTUDIO COASTに会場が移りました。

リリー:野音の場合は、ステージがひとつだからお客さんは演目を順番通りに観ていくしかない。でも、真面目に音楽を順番通りに聴きましょうという形式は、もともとのフェスの本質から離れていっているんじゃないかと思う。逆に、フェスに行ったんだけど、何も観ないでキャンプだけしていたっていう人がいても良いかと。今回のザンジバルナイトはフェスのつもりでやっているわけではないけれど、3ステージあって、フェス仕立てというところは意識している。お祭り感があるイベントを、東京の身近なところでできるっていうところがポイントかな。このアーティストが目当てっていうよりも、全体的な文化を楽しんでもらえたらいいですね。遊びに来る感覚というか。

——ステージごとの特色は?

リリー:メインステージは今の音楽をやっているミュージシャンだと思う。小室哲哉さんにしてもそうだし、OKAMOTO'Sもそうだし、でんぱ組.incもそう。みんな、少なくとも前時代的なサウンドではない。たとえば小室さんの作品って、多くの人がイメージするのは今まで小室さんが作ったヒット曲だったりして、懐かしい印象を覚える人もいると思う。でも彼は常にその時々で“今の音楽”をやってきた人なんだよね、安室奈美恵の曲にしてもTRFの曲にしても。その時代の音楽を、小室さんの中できちんと消化している。で、最近の小室さんのソロなんだけど、すごくいいんだよね。そして、それを俺が観たいという(笑)。こないだのサマーソニック、観に行けなかったしね。

 プールステージには様々なアーティストが出てくる。テントステージはトークや弾き語りなんかがメインだね。だから、メインステージはミュージシャンに頼りっきりだけど、それ以外のところ、テントステージやフードコートをどう充実させるかっていうのが、俺たちみたいなキャストの役割だと思う。メインステージではないところの面白さが「遊びに来てよかった」って感覚を作るものだと思うからね。今回は、遊びに来なかったひとに「あー、行けば良かった」って後悔させるくらい気合いを入れているよ。もう、来年はこのテンションになれる自信はないよね。

——今回はなぜそんなにやる気に?

リリー:せっかく3ステージでできるんだから、もう一回フェスっていうものを、ただの音楽鑑賞会じゃないところに戻したかったという気持ちが大きいかな。単純に遊びたい。たとえばライジングサンとかに行っても、バックヤードでミュージシャンとジンギスカン食べてたりするのが面白かったりするんだよね。その感覚を表に出したいというか、お客さんとバックヤードを共有したいというか。

——フードコートではどんなメニューを?

ここもいろいろ考えているんだけど、今の段階ですでに、食中毒が出そうな企画ばっかりなんだよね(笑)。会田誠さんの土人BBQとか(笑)。最高でしょ。スチャダラパーのビニールに入ったわたあめ作ったりね。お客さんが「うわーいらねー」って思うものを売りたい。くだらないことに手間暇をかけられるのも、東京でフェスをやる意味だと思うしね。

——音楽じゃないところにも、力を入れている。

リリー:文化って音楽なら音楽、お笑いならお笑いっていう風に、孤立しているものじゃないと思う。いろんなものが共存しているもの。今回は音楽というものから派生している文化、たとえばミッツ・マングローブは、タレントとして認識しているひとが多いと思うんだけど、あの人がやっている歌謡ユニットの星屑スキャットは、実はすごく渋い音楽なんだよね。ほかに音楽芸人として、どぶろっくやマキタスポーツを呼んでいるんだけど、彼らは面白いだけじゃなくて、楽曲的にも素晴らしい。そういった感じで、文化のいろんな側面を楽しめる空間にしたいんだよね。今回のザンジバルは、もしその3つのステージに全然お気に入りの人がいなかったとしても、その空間にいるだけで楽しいイベントになっているんじゃないかな。(マツタヒロノリ)


この記事の著作権はリアルサウンドに帰属します。
http://news.livedoor.com/article/detail/8028827/

*************************************


また次回をお楽しみに




| 未分類 | 11:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kaiteki2011.blog40.fc2.com/tb.php/4930-d469e446

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。