快適生活情報お知らせ板

快適な生活を送るためのヒントになるような情報を提供したいと思ってます。たまに脱線するかもしれませんが、よろしくお願いします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゼニカネばかり追う人間、ゴマすり人間は去れ! −くらコーポレーション社長 田中邦彦氏

今日もお元気ですか?


ちょっと気になるニュースを見つけました。


*************************************

ゼニカネばかり追う人間、ゴマすり人間は去れ! −くらコーポレーション社長 田中邦彦氏

写真拡大

くらコーポレーション社長 田中邦彦氏 ■ヒト、モノ、カネのうち難しいのは「ヒト」

昔から「ヒト・モノ・カネ」は、独立開業の重要な3要素と呼ばれてきたが、事業の規模が拡大しても、その基本は少しも変わらないと考えている。

私は26歳のときに脱サラして大阪の堺市で出前と持ち帰り専門のごく一般的な寿司店を開業した。それが外食業界に足を踏み入れるキッカケになったが、その6年後には一念発起して回転寿司に進出した。12年1月現在、「無添くら寿司」という看板を掲げて関西をはじめ、関東、中部、九州などを中心に280店以上をチェーン展開している。回転寿司の歴史は意外と古く半世紀以上になる。その中で、私どもは後発組だが、業界3番目の規模まで店舗を増やすことができたのは、ヒト・モノ・カネというビジネスの3つの基本を大切にしてきたからだと自負している。

このうち、モノとは、商品を作り出す材料、原料や店舗の設計・システムなどのこと。創業時から「食の戦前回帰」を企業理念としてきたが、その基本は「安全・美味しい・安い」。全食材に化学調味料などを使わない、いわゆる「無添」に取り組んでいる。

飲食業界で最も恐れられているのがノロウイルスのような食中毒だ。食中毒を起こせばその店は即刻、営業停止処分を受け、会社自体も存亡の危機にさらされる。これまでも一定時間回っている皿を検知して自動的に破棄する「時間制限管理システム」などを導入して衛生管理につとめてきた。しかし、インフルエンザや風邪などの感染は食材からではなく、空気中に浮遊しているウイルスやツバ・ホコリなどが原因とされている。皿にかぶせる「寿司キャップ」が有効な防護策だが、従来のキャップでは従業員がかぶせて、お客が開けるため、手あかなどの汚れが不衛生だとの指摘もある。そこで、皿の手前を持ち上げるとキャップがポーンと開き、キャップに触れずに皿が引き出せる「鮮度くん」という新しいシステムを開発した。11年12月から各店に導入したばかりだが、なかなか評判もいいようだ。

後発組がより多くのお客の支持を得るためには、斬新なアイデアと気概が必要だ。それには、人材育成や結束力などの組織力が伴わなければ、達成は難しい。実を言うと、経営者として、これまで一番苦労したのは、3つの基本要素のうちのカネとヒトである。幸いカネのほうは、10年ほど前に株式を公開してからは資金調達の面であまり悩まないようになったが、ヒトについてはまだまだ満足していない。

■「宇宙人」が「欠かせない人」に変身

悩みの1つは、まず、毎年実施している定期採用で新入社員を募集しても優秀な人材がなかなか集まらないことである。これは外食産業共通の悩みのタネでもあるが、超氷河期と呼ばれているほど厳しい雇用情勢では、エントリーシートを提出して応募してくる学生の数だけはものすごく多い。だが、その8割、9割が第2か第3志望で、最初から外食産業で汗を流して働きたいという学生は極めて少ない。

しかも、国立などの一流大学からも応募者が増えているが、学校の成績は優秀でも、いざ採用してみると、毎朝の「おはよう」の挨拶が満足にできない人とか出社時間に何度も遅刻するとか、家庭で教える躾すらできていない。まるで“宇宙人”のような人間がいるから困惑する。本音を言えば、毎年150人前後採用しても、将来有望な使えそうな人材は約1割である。

以前、店長候補として採用した一流大学出の新入社員の例をあげると、彼に2、3年前のイベントのことを聞くと、日程などを少しも間違えずにスラスラと答えられるほど記憶力が抜群なのだが、店に出すと、これがまったくダメで使いものにならなかった。

ある日、犬が店先をうろついているので「追っ払え」と命じたところ、店の業務を放り投げて飛び出してから4時間も帰ってこなかった。本人曰く「追っ払ってもすぐに犬が戻ってくる」と。それを繰り返していたら4時間も過ぎたという。周囲の空気や人の感情が理解できない人は、接客の仕事には向かない。そういう人を店長にするわけにはいかないので、部署を異動させて数値管理の仕事をさせたら素晴らしい能力を発揮してくれた。適材適所を見つけ出すことも人事の重要な役割だが、今では本社業務のスペシャリストとして手放せない人材の1人だ。

くら寿司チェーンは、1000人ほどの正社員と、パートやアルバイトを約2万人抱えている。社員は店長のように管理の仕事が中心だが、会社のコンセプトと綿密なマニュアルに従い、資産の保全と利益の確保につとめることが基本だ。社員教育ではまず自分が幸福になるためには、何をするべきかを徹底的に教え込む。それは、一生懸命、一心不乱に仕事をやることにもつながる。ただ、その過程で大事なことは、ゼニ、カネばかりを追うなということだ。たとえば、プロ野球の有力なバッターなら、ヒットやホームランを打つことに専念する。イチローや松井選手にしても、今度は1億、次は10億にしたいと年俸を上げようと考えながらバッターボックスには立ってないと思う。特に幹部候補の社員には、自分を戒めよ、欲を捨てよ、自己中心の卑しい根性を持つ人間になるなと口を酸っぱくして言っている。

年俸や報酬は一定の目標をクリアして得られるものだが、私どものようなマニュアルを中心とする業務では個人プレーよりもチーム力を評価の基準としている。ただ、サプライズもなければ面白くない。そこで社内で決めた利益目標を達成した場合、幹部の社員全員に一律給料の2倍を支給することもある。一方で、「給料が半分に減らされてもこの会社で頑張りたい」と、愛社精神がある中堅幹部も増えてきた。生きがい、働きがいを美学とする社員は心底頼れるので大切にしたい。

ただし、私が最も嫌いなタイプは、ゴマすりの忠誠心だ。そういう出世欲の強いヒラメのような社員は会社の利益を考えないし、部下も育たない。社内では徹底的に排除するようにつとめている。オリンパスの問題を例にあげるまでもないが、叱られるのが怖いから言わないとか、出世の妨げになるような都合の悪い話は隠そうとする。それが後になって、取り返しがつかない問題を引き起こすことになるからだ。

今一番欲しい人材は、海外展開するときに役に立つスペシャリストである。語学研修などの海外向けの社員教育にも力を入れ始めたが、即戦力にはならない。4年前、米国のロサンゼルスに出店した際、現地で300ページほどの英文の契約書を交わしたが、法律関係の専門用語が多く、大変苦労した。その解釈を1つ読み間違えても、膨大な損害賠償の対象になるからだ。回転寿司チェーンも、グローバル化は喫緊の課題。これからは海外進出を積極的に推進しなければ、10年後は生き残れないと思っている。

----------

くらコーポレーション社長 田中邦彦
1951年、岡山県生まれ。69年、総社高等学校卒業。73年桃山学院大学卒業後、タマノヰ酢(現タマノイ酢)入社。77年に同社退社後、大阪府堺市に寿司店を開業。90年、くら寿司を設立。95年、くらコーポレーションを設立。

----------

(福田俊之=構成 交泰=撮影)


この記事の著作権はプレジデントオンラインに帰属します。
http://news.livedoor.com/article/detail/7851307/

*************************************


では、また次回お会いしましょう


| 未分類 | 18:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kaiteki2011.blog40.fc2.com/tb.php/5047-0d64e758

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。