快適生活情報お知らせ板

快適な生活を送るためのヒントになるような情報を提供したいと思ってます。たまに脱線するかもしれませんが、よろしくお願いします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

絶対食べたくなる 疲れも吹き飛ぶ『カレー』のスパイスパワー

今日もお元気ですか?


ちょっと気になるニュースを見つけました。


*************************************

0925_2

この時期はまだまだ夏の疲れを引きずったり、昼夜の温度差で体にダルさを感じる方も多い時期です。そんな疲れを一気に吹き飛ばしたい!という方には、なんと言っても“カレー”がオススメ。なんとカレーに含まれるスパイスには、体の健康を高めてくれる秘密がたくさんあるようです…。

また、9月25日は老舗のレストランが焼失し、再建されたことを記念して制定された「10円カレーの日」。東京の日比谷公園の一角にある「松本楼」では、毎年先着1500名に10円でカレーが提供されるのだそう。そんなカレーの日にちなんで、今回は身近すぎて意外と知らなかったカレーのパワーについてチェックしてみましょう!

■“カレー”が持つ7つのパワー*1.内臓活性効果

カレーにはたくさんのスパイスが入っていますが、このスパイスは体にさまざまな効果をもたらしてくれます。たとえば、「コリアンダー」は消化促進や強壮、浄血、整腸といった効果があります。また、“ウコン”としてよく知られる「ターメリック」も、腸を活性化してくれます。他にもカレーには「シナモン」や「クミン」「ウイキョウ」など、内臓の働きを活発にしてくれるスパイスが多く含まれているため、食欲不振の時などにもカレーは最適です。

*2.冷え性改善効果

カレーのスパイスには、血液の循環を良くする効果があるため、冷え性を解消する効果も期待できます。冷えが気になる際には、温かいスープなどとあわせて飲めば、さらに全身がポカポカと温かくなるはず。夜が冷え込む日には、迷わずカレーを選択してみるのも良いかもしれません。

*3.ストレス抑制効果

人はストレスを感じると、体が緊張状態になり、血管や筋肉が収縮してしまいます。カレーのスパイスが持つ血流改善効果により、収縮した血管が拡張することで、全身に血液が送られて体がリラックス状態になることで、ストレスの発生を抑制してくれます。

*4.疲労回復効果

疲労の主な原因は、体内で酸素が消費された際に出る「活性酸素」と「疲労物質」と言われています。カレーのスパイスとして使われる「クルクミン」には、「活性酸素」の生成を抑え、血液循環を活発にすることで「疲労物質」を流し去ってくれる効果があります。さらに疲労が回復されることで、モチベーションがアップする効果も期待できるのが嬉しいですね。

*5.ダイエット効果

カレーには、「唐辛子」「黒こしょう」「ナツメグ」「ニンニク」「ショウガ」など、代謝をアップしてくれるスパイスもたくさん使われています。気になる体質にあわせて、カレにーに好みのスパイスを自分で足してみてもよいかもしれません。スパイスの効果で余分な脂肪を体に溜め込まない体をつくりましょう。

*6.集中力アップ効果

血行を促進するカレーは、脳にもしっかりと栄養や酸素を送ってくれます。そのため、集中力を高める効果が期待できるのだそう。特に朝のカレーは刺激的なスパイスのお陰で体が目覚めやすいので、朝のカレーもオススメです。ただし、食べ過ぎは胃に血液が集中してしまうので逆効果になることも…。おいしいカレーはつい食べ過ぎてしまいそうですが、集中力をアップした時は、腹八分目で抑えるようにしてみましょう。

*7.病気予防効果

スパイスとして使われる「ウコン」。ウコンに含まれる“クルクミン”という成分には強い抗酸化作用があるため、免疫力をアップし、風邪予防などにも効果を発揮します。他にも、悪玉コレステロールの減少や、気分を上げてくれるホルモン“アドレナリン”の分泌も促進してくれるため、生活習慣予防や心の病、アルツハイマーの予防にも予防効果を期待できます。

ただ、カレーはよく「二日目のカレーがおいしい」といわれますが、カレーを室内に放置した場合、食中毒の原因となる「ウェルシュ菌」が発生することがあります。この菌は100度の熱でも死滅しないため、加熱をするからと安心せずに、保存をする場合は冷蔵庫で保存するようにしましょう。

子どもにも大人にも「大好き!」といわれることの多い『カレー』。ご家庭によってはコダワリの隠し味などもあったりして、今やカレーは“家庭の味”とも言えますね。ぜひ今日の献立に迷う時や、疲れや風邪などが気になる際は、家族皆でおいしいカレーの味とそのパワーを堪能してみてはいかがでしょうか。



この記事の著作権はイオンスクエアニュースに帰属します。
http://news.livedoor.com/article/detail/8096605/

*************************************


では、また次回お会いしましょう


| 未分類 | 13:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kaiteki2011.blog40.fc2.com/tb.php/5076-6dcd2807

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。