快適生活情報お知らせ板

快適な生活を送るためのヒントになるような情報を提供したいと思ってます。たまに脱線するかもしれませんが、よろしくお願いします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「お客さんの耳がちぎれて床に…」Borisが明かす海外ツアー仰天体験と、“言葉の壁”突破法

いつもご覧いただきありがとうございます。


快適な生活へのお手伝いができればいいなと思ってます



ニュースのお届けにあがりました。


*************************************

「お客さんの耳がちぎれて床に…」Borisが明かす海外ツアー仰天体験と、“言葉の壁”突破法

写真拡大

Borisロゴ

 海外でのライブ活動を精力的に行う一方、映画『告白』(2010年)への楽曲提供や「銀座ジュエリーマキ(2012年)」のCMソングにも起用されるなど、国内外を縦横無尽に活動するBorisのAtsuo氏(Drums/Vocal)が、海外でのライブの現状及び国内の音楽シーンついて語る集中連載、後編。

前編:日本ツアーよりも海外ツアーのほうが儲かる!? BorisのAtsuoが語る、日本のライブ環境の特殊性

——前編では、海外と日本では音楽活動がどう違ってくるか、ということをお聞きしました。そういう話は日本のミュージシャンとはされないんですか?

Atsuo:みんな「行きたいんですけど」って言ってるけど、やっぱりやりあぐねているというか。国内でバンド活動するだけでギリギリになっちゃうよね、この国のシステムだと。

——どこをとっかかりにしていいか分からないのでは。

Atsuo:そうですよねえ。僕らはアンダーグラウンドシーンから始まっていったんで、自分の好きなバンドや好きなレーベルに手紙送ったりして一緒に作品つくったりする中で、ツアー組んでくれたりとか。それも音楽の力ですよね。好きもの同士というか。お互いサポートしあって。そこには音楽が好きな人のコミュニティがあったり、情報の流通経路がしっかりあったりね。

——言葉の壁は大丈夫だったんですか。

Atsuo:英語は今もダメですよ(笑)。意味を知らないで使ってる単語とかあるし。こういう時にはこうやっていうんだー。とか、感覚で。「YOU KNOW?」と言っておけば次の文章に進んでいいんだなとか(笑)。

 言ってしまえば僕らは演奏するのが仕事なんで、基本的に音楽の話が中心になりますし、それだったら全然問題はないかなあ。伝えたい事は要求だけになるので。「I Want~」で大体通します。いつもでも命令口調と思われたりもしますけど。各場面でこちらが中心となってルールを提示していかなきゃならないので、シンプルにストレート伝えていきます。もう少しね、英語を勉強したほうがいいのかもしれないけど……。甘えてますね。

 ツアーマネージャーは毎回チェコから呼んでいて、ドライバーもテックも一人何役もやってもらってるんですけど、チェコとアメリカの物価の違いがあって僕らにとってもすごく安く雇えたり。そういう事情も含めてスタッフ周りも恵まれてると思いますね。

——国ごとにお客さんの反応や雰囲気は違ったりするんでしょうか。

Atsuo:一概に言えない部分もあるんでですが、アメリカはすごく盛り上がるし。ロンドンとかは馬鹿騒ぎ的なノリもあるんですけど、ヨーロッパはストイックというか、シリアスムードな感じかなあ。アメリカと比べると直接的なリアクションは薄いです。オーストラリアはヨーロッパとアメリカの間くらいな感じがするかなあ。この間初めて台湾のフェスに呼ばれて行ったんですけど、そのフェスを仕切ってるトップが33歳くらいで、みんなメロコア以降のパンクしか知らないんじゃないか?っていうくらい、90年代以降の音楽の影響しか無いところで作られてるシーンというか、ちょっと奇妙な感じですよね。

——海外ツアーの中で身の危険を感じたことは。

Atsuo:何年か前に、お客さんの耳がちぎれて床に落ちてた話が向こうのいろんなメディアで取り上げられましたね。「ピッチフォーク」にも載ったのかな? テキサスでのライブ中にずっと暴れてるやつがいて、それを止めに入ったやつがボコボコにされちゃって。それで、ライブ終わったら会場の人から「なんか耳が落ちてるんだけど」って。「こんな所もう二度と来ねえ!」と思ってホテルに帰ったら救急車が来てて、血だらけの男が喚き叫んでるんですよ。「サインくれ!」って(笑)。そこはすごい田舎の会場だったんで、泊まるホテルも数が少なく、その遠方から来たお客さんと同じだったんですよね。

 その人とは後々仲良くなって、連絡とるようになったんですけど。その後結局耳は繋げないで、ホルマリン漬けにして自分で経営してるBARに飾っている(笑)。

 他には音漏れがすごいとか、スモークのせいで火災報知機が鳴って警察や消防車が来ちゃったりというのは頻繁にありますね。あと、台湾ではスタッフ4人中3人が食中毒になったとかはありますけど(笑)。

——また、国内の音楽シーンを見てなにか感じることはありますか。

Atsuo:こないだも風男塾のライブに行ってきたんですけど。

——どうでしたか?

Atsuo:いやぁ……もう……「一生懸命頑張ろう!」って思う(笑)。ああいうね、男性に「男っていいよな?」とか言われるとね(笑)。成田(忍、風男塾のサウンドプロデューサー)さんがもうねえ、本気。もう曲名が『棚田米』ってタイトルなのにめちゃめちゃダブステップだったりして。全然歌詞と音楽関係無い。すべて全力。

——アイドルブームという状況だからこそ、音楽的に冒険できる部分はありますよね。

Atsuo:そういう意味では、バンドはすごく突きつけられてますよね。「ただ3人4人で楽器弾いてる人たちに何の売りがあんの?」みたいな。初音ミクだって普通のバンドよりも認知度があったりとか。ただ、そろそろ出尽くしてきた感、ジャンルの細分化も行くところまで行っちゃって、ちょっと全体的に閉塞感があるなあとは思いますよね。やりあぐねてる。あとは、言い方は悪いですけど、“誰かの死に待ち”みたいな空気あるじゃないですか。

 実際バンドを長くやってる人たちが、バンドの活動歴の長さよりも死への時間の方が近くなってる。そういうトピックじゃないと動かない人たちもいるというか。そんな風に実は不穏な感じも僕は受けてて、もう少し普通に音楽が楽しめる環境になればな、と。

——そんな風に、亡くなったら瞬間的にニュースになってしまうし、AKB48の選挙とかもそうですけど、楽曲よりもイベント性の高さが重視されている環境ではありますよね。

Atsuo:時の流れとともに……ネットのせいもありますけど、すべての情報が均等になるように、イベントも死も同距離になってしまっている。もともと、音楽自体その場であらわれて消えていく刹那的なものなんですけどね。

——近年の国内のロックシーンのトピックといえば、フェスの隆盛だと思うんですが、日本のフェスって誘われますか。

Atsuo:富山のS.V.C SAY HELLO FESTIVAL 2013に出たのと、09年に朝霧JAM、11年にKAIKOOに出たくらいですね。日本のフェスってメタルバンドが出られるところってあんまり無いですもんね。それこそLOUD PARKに出るような真っ当なメタルバンドでもないんで、僕らは。まあそういう音楽業界にも参入してない、某誌に広告打ったこともないですし。僕ら「ローファイ・メタル」ですからね(笑)。いやいや、今まで一度もメタルを名乗った事はないんですけどね。(笑)

——9月にはDEADENDのトリビュート『DEAD END Tribute -SONG OF LUNATICS-』にも参加されてましたよね。あの中でも相当独特の立ち位置だったように思えます。

Atsuo:DEAD ENDのトリビュートはすごいおもしろいと思います。あのトリビュートは僕のなかでは節目な感じで。僕らみたいな全然ヴィジュアル系じゃないバンドもいたり、ヴィジュアル系の中でも色んな人がいたりして、そういう音楽が世界にもどんどん出て行ってるし。この20年くらいの日本のRock史の集大成的な、節目の作品としてすごく意味があるものだと思いますね。気合い入りました。失礼の無いように。なのに結果ローファイサウンドですからね。そういう好みなんでしょうがないんですけども。

 この記事のタイトルにも「"ローファイ・メタル"の真髄を見せる!」とか書いておいてください。そんなジャンルどこにもないですけどね(笑)。(藤谷千明)


この記事の著作権はリアルサウンドに帰属します。
http://news.livedoor.com/article/detail/8111206/

*************************************


また次回をお楽しみに




| 未分類 | 00:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kaiteki2011.blog40.fc2.com/tb.php/5110-8e17176d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。