快適生活情報お知らせ板

快適な生活を送るためのヒントになるような情報を提供したいと思ってます。たまに脱線するかもしれませんが、よろしくお願いします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

掛川市がお茶レシピ集 飲食店、家庭に普及へ

 掛川茶の消費拡大と市民の健康増進の一石二鳥を狙い、掛川市はお茶を料理に使った健康レシピ集を独自に制作した。市非常勤職員の栄養士ら5人のチームが2年間かけてまとめたレシピは60種。無料で一般公開し、市内の飲食店や各家庭へ「お茶を食べる習慣」の浸透を目指す。
 緑茶の効能研究「掛川スタディー」の成果を生かし、農林水産省の委託事業として取り組んだ。メニューは生活習慣病の予防対策、花粉症対策、感染症予防の免疫力アップと三つの機能別に整理した。料理ごと、健康効果に期待が集まるカテキン、メチル化カテキン、エピガロカテキン(EGC)の成分摂取量も明示した。
 栄養士らは調理と試食を繰り返してレシピの完成度を高めた。検討した料理は100種類以上。「アジのおろしがけ」は青魚とのダブル効果でコレステロール値を下げ、「ポテトサラダサンド」にはクリームチーズを使用して子供好みのまろやかな味に工夫した。くず餅やういろうなどのデザートにも自信作が多い。担当した栄養士の藤原道乃さん(45)は「お茶の苦みや渋みの取り入れ方に苦労したが、家庭でも手軽につくれる料理に仕上がった」とほほ笑む。
 市保健予防課の山田光宏緑茶効能研究担当専門官(52)は「メタボを気にする中高年者だけでなく、若者や子供世代の健康についても考える入り口になれば。レシピを広め、お茶の健康効果を全国発信したい」と話す。お茶レシピ集は千部印刷し、23日に開催する「かけがわ食育健康フェア」で配布を開始する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140221-00000027-at_s-l22
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



| 未分類 | 00:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kaiteki2011.blog40.fc2.com/tb.php/5767-4bc41315

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。