快適生活情報お知らせ板

快適な生活を送るためのヒントになるような情報を提供したいと思ってます。たまに脱線するかもしれませんが、よろしくお願いします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

トイレの水も飲用に、世界の水リサイクルプロジェクト

(CNN) 三年連続で記録的な干ばつに見舞われている米カリフォルニア州。農産物の被害は地元経済を直撃し、水の供給が底を尽きかけた地域もある。

こうした中でフル稼働しているのが、下水をリサイクルして飲料水を供給する同州オレンジ郡OCWDの廃水処理施設だ。1日当たりの生産量は、7000万ガロン(約26万立方メートル)から1億ガロン(約38万立方メートル)に増産。これで同郡の人口の3分の1に当たる85万人分の供給をまかなうことができ、地下水の供給と合せると人口の70%をカバーできる。

同施設はこの分野の草分けで世界最大規模を誇り、世界的問題の解決に向けたモデル施設として期待がかかる。国連の予想では、地球温暖化や人口の増大により、2030年までに世界の人口の半分が水不足に見舞われる見通しだ。

ただ、水のリサイクルシステム導入は、心理的抵抗の強さに阻まれて困難な状況が続いてきた。オレンジ郡は1970年代から非飲料用として水のリサイクルを開始。しかし飲料水として供給するようになったのは2008年になってからで、大々的な宣伝啓発キャンペーンを展開して不安を取り除いた上で導入に踏み切った。
OCWDの担当者は言う。「今ではこうした技術も広く受け入れられるようになった」「水不足が深刻化し、水の供給量が減る中で、代替供給源を見つけなければならないという認識が高まった」

リサイクルの工程では、カリフォルニア州南部で出る1日当たり13億ガロン(約490万立方メートル)の廃水を3段階に分けて処理する。まず廃水から固形物や油分、細菌を除去する精密ろ過の工程。次にプラスチックの膜を透過させてウイルスや化学物質を取り除く逆浸透を経て、最後に残留有機物を除去するために紫外線を照射する。

こうして処理した水は地下水と合わせて厳格な基準に基づく水質検査を経たうえで、各家庭に供給される。OCWDによると、水質は州および国のすべての基準を大きく上回っているという。

リサイクル水の安全性は、世界各地の草分け的プロジェクトでも確立されてきた。水供給が安定しないシンガポールはかつて輸入に頼ってきたが、現在では再生施設の「ニューウォーター」で供給量の30%をまかなう。水質は世界保健機構(WHO)が定める飲料用の基準を満たし、超清浄水を必要とする産業用途に相当量が使われる。
ナミビアの首都ビントフックでは水不足の解消と水に起因する疾病の予防のため、世界に先駆けて1968年に施設が稼働した。

サハラ砂漠以南のアフリカでは水の供給が安定せず、下痢などの症状のため年間100万人以上が命を落とす。しかし1970年代には、ビントフックの施設から水の供給を受けている住民の方が、従来の方法で処理された水を使っている住民よりも疾患にかかる率が低いという調査結果が出た。

専門家によれば、「新技術や新工程の方が基準は厳しい」「下水からの水は品質が良く、途上国では水道水を上回る」という。

米カリフォルニア州ではロサンゼルス、サンフランシスコ、サンディエゴで飲料用のリサイクルプロジェクトが始動。やはり干ばつ被害に見舞われてきたテキサス州では2060年までに、新規の供給量の10%をリサイクル水でまかなうことを目指す。同州ビッグスプリングの施設は、リサイクルした水を地下水貯水場を通さずに最終処理場に送る「直接飲用再利用」のシステムを米国で初めて導入した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140502-35047404-cnn-int
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



| 未分類 | 17:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kaiteki2011.blog40.fc2.com/tb.php/5771-88e7c05a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。