快適生活情報お知らせ板

快適な生活を送るためのヒントになるような情報を提供したいと思ってます。たまに脱線するかもしれませんが、よろしくお願いします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

(朝鮮日報日本語版) マンガで安倍・極右に抵抗する雁屋哲氏

 「福島原発事故は過去の自民党政権の遺産だ。腐れ自民党どもが! 貴様らの悪政が今の悲劇を招いているんだ」

 2011年3月、東日本巨大地震が発生した直後、日本の人気漫画家・雁屋哲さん(72)は自らのブログにこのような文章をつづった。長い間与党として政権を握ってきた自民党に対し、雁屋さんははばかりなく批判を繰り広げた。これに対し、いわゆる「ネット右翼」が即座に攻撃し、ブログへのアクセスも不可能な状態に陥ったため、雁屋さんは結局「日本に言論の自由があるというのはとんでもない間違いだと痛感した」として、5カ月間ブログの更新を中止した。

 昨年初め、雁屋さんは1年半ぶりに反撃に出た。週刊漫画雑誌『ビッグコミックスピリッツ』に1983年から連載している代表作『美味しんぼ』に「福島の真実」というサブタイトルを付けた。日本の食文化に根差す「匠の精神」を見事に表現し、高い人気を誇るこの作品を通じ、安倍政権の福島第一原発事故への対応を真っ向から批判したのだ。

 とりわけ、最近掲載された2話では、福島県を訪れた主人公が鼻血を出す場面や、福島第一原発がある双葉町の前町長が「このような症状は被ばくしたのが原因だ」と発言する場面が描かれ、物議を醸している。

 今回もまた、雁屋さんに対する攻撃が繰り広げられている。福島県や政府の閣僚にとどまらず、今月17日には安倍晋三首相までもが「根拠のないうわさに対しては政府レベルで全力を挙げて対応する」と述べた。

 騒ぎが収まらない中、『ビッグコミックスピリッツ』の発行元である小学館は、事実上の白旗を上げた。小学館は19日号で、編集長の名で「ご批判、お怒りは真摯(しんし)に受け止めて、表現のあり方を今一度見直していく」という文章を掲載する予定だ。
 昨年初めから連載されてきた「福島の真実」編は、当初の予定通り19日号で最終回を迎える。だが、鼻血をめぐる描写で物議を醸した雁屋さんの戦いは終わることはない。雁屋さんはブログに「(漫画の内容は)2年かけて取材をして得た真実をありのままに書いたものだ」「抗議のメールは(無料の)フリーメールではなく(身元を確認できる)プロバイダメールで送ってほしい。これはブログのダウンという事態を防ぐための措置だ」とつづった。

 雁屋さんは日本の右翼から「反日左翼漫画家」と決め付けられている。1941年、日本軍の占領下にあった中国・北京で生まれ、敗戦後に日本に引き揚げた。学者を夢見て東京大学基礎科学科に入学したが、卒業後は広告代理店大手の電通に入社し、74年からフリーの漫画家として活動を始めた。88年には「子どもたちを日本社会で育てていては不幸になる」といって、オーストラリアのシドニーに移住した。

 右翼の標的になったきっかけは、98年『マンガ日本人と天皇』を「週刊金曜日」に連載したことだった。雁屋さんはこの作品で天皇制を批判し「長い研究の末、これ以上天皇を尊敬する必要はないということを知った」と表現した。これに対し一部の極右派は「ただじゃおかない」と殺害を予告した。

 その後も雁屋さんは日本社会に対する批判を繰り返した。『美味しんぼ』では日本の侵略戦争や植民地支配を辛辣(しんらつ)に批判し、また一度首相を辞任しながら2009年の総選挙で衆議院議員に当選した安倍首相に対し「人間としての恥の感覚を欠いた人間」と酷評した。

 人種差別問題に対しても強い関心を持っており、日本での嫌韓デモに対抗して、昨年「ヘイトスピーチ(憎悪表現)とレイシズム(人種差別)を乗り越える国際ネットワーク」の共同代表に就任した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140519-00001430-chosun-kr
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



| 未分類 | 11:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kaiteki2011.blog40.fc2.com/tb.php/5785-cbbfc58c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。