快適生活情報お知らせ板

快適な生活を送るためのヒントになるような情報を提供したいと思ってます。たまに脱線するかもしれませんが、よろしくお願いします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

<理研>研究できる環境ない…早期の収束求める 高橋氏

こんにちは

今日のオススメ記事です。

 STAP細胞の論文不正問題を巡り、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使った世界初の臨床研究を進める理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の高橋政代プロジェクトリーダーが3日、毎日新聞の取材に応じ、「臨床研究を落ち着いてできる環境ではない。静かな海をもう1回返してほしい」と、理研に早期の問題収束を求めた。

 高橋氏はCDBなどが進める臨床研究の責任者を務める眼科医。一連の騒動に対する理研の対応を、「病院の危機管理に慣れている者としては、今回の理研の危機管理は違う、遅いと感じる」と指摘。今夏にも予定する1例目の移植に変更はないとしたが、「何かが起きたときの対応が、今の(理研の)状況では無理だと思う」と批判した。

 臨床研究の進捗(しんちょく)については「科学的、医学的には順調。患者さんとの信頼関係も崩れていない」と強調。一方、「何年もかかって波風立たないように神経を使ってきたが、横から来た荒波にさらされている」と訴えた。

 高橋氏は2日、「まだ始まっていない患者さんの治療については中止も含めて検討する」とツイッターに投稿したが、その経緯について「このまま臨床研究に突入することは危ないと思った」と説明した。また「(STAP細胞の)検証実験も何のためにやるのかよく分からない。説明が足りない」と疑問を呈した。【八田浩輔、須田桃子】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140703-00000099-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



| 未分類 | 22:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kaiteki2011.blog40.fc2.com/tb.php/5812-b1b94d1f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。