快適生活情報お知らせ板

快適な生活を送るためのヒントになるような情報を提供したいと思ってます。たまに脱線するかもしれませんが、よろしくお願いします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

近畿の8月は雨の夏…降水量5倍で日照時間半分 浸水被害相次ぎ、野菜も高騰

こんにちは

今日のオススメ記事です。

 今夏、西日本各地では記録的豪雨に見舞われた。特に近畿地方ではその傾向が強く、8月1日から中旬までの降水量は平年の約5倍で、日照時間は約半分。大阪市では21年ぶりに8月の35度以上の猛暑日がゼロになる見通しとなっている。あおりは夏の甲子園大会にも及び、海のレジャーは減少、野菜も高騰した。“8月の変”の総決算は−。

 ◆高校野球も影響

 「近年にないほど雨の多い夏だった」

 短時間に各地で激しい雨が降った8月の異常気象について、大阪管区気象台の担当者が振り返る。

 10日に近畿周辺を縦断した台風11号をはじめ、16日夜から17日早朝にかけては前線が停滞。京都府福知山市や兵庫県丹波市で3500棟以上が浸水、復旧作業は今も続く。24日には大阪府池田市で1時間に約100ミリの雨が降り、市と隣接する箕面市で床下浸水などの被害があった。

 8月の1日あたりの降水量記録で統計開始以来1位を更新した地点は、大阪府内11地点のうち5地点に上った。

 豪雨は「球児の夏」を直撃した。甲子園球場(兵庫県西宮市)で9日開幕の予定だった全国高校野球選手権大会は、史上初めての2日間延期という事態に見舞われた。 

 ◆海の家ダメージ

 7月下旬の近畿は太平洋高気圧に覆われ、各地で35度以上の猛暑日を記録した。熱中症の搬送者も多かったが、8月になると一転した。

 7月25日に37・1度を記録した大阪市では8月に入ると猛暑日はゼロに。月末まで最高気温は35度に達しない見通しだ。

 異常気象に泣いたのが海水浴場。かき入れ時の週末に雨も重なり、昨夏のシーズンで約74万人が訪れた神戸市の須磨海水浴場の人出は約8万人減少した。管理する神戸市の担当者は「海の家もダメージが大きいようだ。台風の後に流れ着いた流木やごみを取り除く作業も大変だった」。

 大阪府貝塚市の二色の浜海水浴場でも人出は1割程度減少した。地元の観光協会は「朝の気温が高くならず海に行こうという気持ちにならなかったのかも」と話した。

 ◆財布にも厳しく

 雨や曇りが多く、農作物に影響を及ぼす日照不足も深刻だった。

 8月上旬の日照時間は平年の3分の1。気象庁が九州から東北までの梅雨明けを特定できず、低温、多雨、日照不足が断続的に続き、米が大凶作となった平成5年に次ぐ短さだ。この年は、小売店の店頭から米が消える「米不足」に見舞われ、米国やタイから緊急輸入する事態に陥った。

 今夏はナスやキュウリといった夏野菜の価格が高騰し、消費者の財布もダメージを受けることに。

 今後1週間も安定して晴れる日がないと予想されている。秋から冬にかけて冬型の気圧配置を弱め、暖冬になりやすいとされる「エルニーニョ現象」が発生する可能性もある。異常気象が続けば、農作物へのさらなる影響が心配され、大阪管区気象台は注意を呼びかけている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140830-00000128-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



| 未分類 | 17:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kaiteki2011.blog40.fc2.com/tb.php/5846-a88e253d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。