快適生活情報お知らせ板

快適な生活を送るためのヒントになるような情報を提供したいと思ってます。たまに脱線するかもしれませんが、よろしくお願いします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エボラ疑似症患者、検体搬送時点で情報開示−厚労省、公表方法取りまとめ

こんにちは

今日のオススメ記事です。

 厚生労働省は4日、エボラ出血熱の感染が疑われる患者(疑似症患者)が、航空機で日本に入国して空港で確認された場合の情報開示方法を公表した。開示時期は、国立感染症研究所村山庁舎(東京都武蔵村山市)での検査を行うために、疑似症患者の血液など検体を医療機関から搬送する時点とした。【丸山紀一朗】

 厚労省は国土交通省と連携し、疑似症患者の▽年代▽性別▽症状▽滞在国▽滞在国での接触歴▽居住都道府県(外国籍の場合は国名)▽他の感染症(インフルエンザやノロウイルス等)の罹患の有無-などを開示する。

 さらに、疑似症患者が乗っていた航空機の▽航空会社など運航者▽便名▽出発地・到着地▽出発時間・到着時間▽搭乗者数-なども公表。検査結果は、確定時に厚労省が発表する。同省によると、検査には短くて4-5時間、長ければ10時間以上かかることもあるという。

 また同省は、空港の検疫所での水際対策で発症前の感染者を発見できず、入国後に疑似症患者が確認された場合の情報開示方法については、現在検討を進めているとした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141104-00000007-cbn-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



| 未分類 | 07:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kaiteki2011.blog40.fc2.com/tb.php/5890-d6bfebb0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。