快適生活情報お知らせ板

快適な生活を送るためのヒントになるような情報を提供したいと思ってます。たまに脱線するかもしれませんが、よろしくお願いします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

インフルエンザ患者、1週間で16万人−首都圏などで流行本格化

こんにちは

今日のオススメ記事です。

 12月1日から7日までの週にインフルエンザで医療機関を受診した患者の推計が、前週を大幅に上回る約16万人となったことが12日、厚生労働省が公表した全国の患者報告のまとめで分かった。教育施設の学級閉鎖なども急増しており、患者が増加傾向の自治体では、手洗いやマスクの着用といった予防策の徹底に加え、早めにワクチン接種をするよう促している。【新井哉】

 12月1日から7日までの週の全国の患者報告(定点医療機関約5000か所)は定点医療機関当たり3.49人で、前週に比べて2倍近く増えた。都道府県別では、岩手が最も多く、注意報の基準値(10.0人)を上回る11.55人を記録。以下は、埼玉(9.49人)、福島(7.68人)、神奈川(6.85人)、東京(5.86人)、北海道(5.76人)、千葉(5.62人)、奈良(5.11人)、京都(3.6人)、長野(3.44人)などの順だった。

 特に首都圏でインフルエンザの流行が本格化しており、この週は、埼玉と千葉の両県で前週に比べて2倍近く増加したほか、神奈川県で前週比1.7倍、東京都でも1.6倍となり、都内の2保健所管内、神奈川県内の1保健所管内で注意報レベルを上回った。特に乳幼児や小中学生の罹患が目立っており、東京都では15歳未満が全体の7割超を占めた。

 厚労省によると、44都道府県で前週よりも報告数が増えたほか、インフルエンザとみられる集団発生による教育施設の休校や学年・学級閉鎖の施設数は、前週比2.3倍の713施設となった。

 また、この週に定点以外を含む全国の医療機関を受診した患者の推計は、前週比1.6倍の約16万人で、今シーズン(9月以降)の累計は約35万人になった。ウイルスの検出状況については、直近の5週間ではAH3 亜型の検出割合が最も多く、次いでB型、AH1pdm09の順だったという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141212-00000002-cbn-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



| 未分類 | 21:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kaiteki2011.blog40.fc2.com/tb.php/5901-83d870c0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。