快適生活情報お知らせ板

快適な生活を送るためのヒントになるような情報を提供したいと思ってます。たまに脱線するかもしれませんが、よろしくお願いします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

<インフルエンザ>発症から12時間以内に診断 検査15分

こんにちは

今日のオススメ記事です。

 インフルエンザウイルスに感染しているかどうかを、発症から12時間以内に診断できる簡易検査装置を開発したと5日、東京都医学総合研究所などの研究チームが発表した。従来に比べ100倍の感度でウイルスを検出する独自の技術を確立し、迅速な判定が可能となった。4日付の米科学誌プロスワンに成果が掲載された。



 インフルエンザの簡易診断の多くは、鼻咽頭(いんとう)ぬぐい液のウイルスを検査する。

 従来のキットは金の微細な粒子を付けた抗体でウイルスを捉え、感染していれば白色の背景に色が出る仕組み。ウイルスが体内で増殖するのを発症後24時間以上待たないと、検出できなかった。

 研究チームは、蛍光色素を付けた抗体でウイルスを捉え、真っ黒な背景を使うことで、わずかなウイルスでも見付けることができるようにした。患者200人を調べ、発症12時間以内に97%で判定できたという。検査時間は長くても約15分。既に来冬の販売に向け製造が進められているという。

 研究は致死率の高い鳥インフルエンザの発生に備えて行われた。芝崎太・同研究所参事研究員は「早期発見と治療が可能になる。また、抗体を替えれば、デング熱やエボラ出血熱など他の感染症の診断にも応用できる」と話す。【藤野基文】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150205-00000096-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



| 未分類 | 06:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kaiteki2011.blog40.fc2.com/tb.php/5952-d1c3e44e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。