快適生活情報お知らせ板

快適な生活を送るためのヒントになるような情報を提供したいと思ってます。たまに脱線するかもしれませんが、よろしくお願いします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

佐賀で鳥インフル確認 7万2900羽を殺処分 総力戦で封じ込め

こんにちは

今日のオススメ記事です。

 佐賀県は18日、肉用鶏を飼養する有田町の農場で、高病原性鳥インフルエンザが発生したと発表した。国内の家きん農場での発生は今冬5例目。県は同日未明から、ウイルスを検出した農場と、管理者が同じ農場の計7万2900羽の殺処分を始めた。同町は長崎県に隣接し、発生農場から半径3キロ圏内の移動制限区域と、同10キロ圏内の搬出制限区域は両県にまたがる形で設定された。

 佐賀県での発生は初めて。県によると、17日午後に、養鶏農家から鶏舎1棟で死亡鶏が増加していると通報があり、家畜保健衛生所の簡易検査で陽性と判定。遺伝子検査(PCR検査)で18日未明、H5亜型のウイルスを検出し、高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜と確認した。ウイルスを検出した農場(飼養羽数4万4700羽)と、検出農場と管理者が同じ町内の関連農場(同2万8200羽)が発生農場として扱われる。

 農場では、県・市町やJA職員と、県の要請を受けて派遣された自衛隊員らが鶏の殺処分や埋却を進めている。消毒ポイントは佐賀県に14カ所、長崎県に4カ所の計18カ所設置。移動制限区域内では佐賀県で13戸24万7000羽、長崎県でゼロ、搬出制限区域内では佐賀県で19戸24万4000羽、長崎県で7戸2万3500羽の家きんを飼養している。

 発生を受けて、安倍晋三首相は、情報収集と防疫措置の徹底、国民への正確な情報伝達を関係各省に指示。農水省の小泉昭男副大臣は18日午前、佐賀県庁で山口祥義知事と会談し、連携して防疫対応に当たることを確認した。

 国内の家きん農場ではこの冬、宮崎県延岡市、宮崎市、山口県長門市、岡山県笠岡市で高病原性鳥インフルエンザの発生が確認されている。延岡市の事例では既に搬出制限、移動制限ともに解除。宮崎市と長門市の事例では搬出制限が解除され、各発生農場からの感染の広がりは起きていない。笠岡市の農場では殺処分、焼却などの防疫措置を継続している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150119-00010002-agrinews-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



| 未分類 | 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kaiteki2011.blog40.fc2.com/tb.php/5958-1ba4488f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。