快適生活情報お知らせ板

快適な生活を送るためのヒントになるような情報を提供したいと思ってます。たまに脱線するかもしれませんが、よろしくお願いします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アサリ不足で…初夏の情景から消えた「潮干狩り」 和歌山、天敵駆除で復活目指す

こんにちは

今日のオススメ記事です。

 初夏の風物詩、潮干狩りに異変が起きている。アサリの漁獲量全国一の愛知県では、アサリの減少で3分の1の潮干狩り場が営業休止に陥り、貝毒が問題になった大阪・二色の浜では採ったアサリを持ち帰れない状態が5月下旬まで続いた。そうした中、アサリ不足で平成21年から潮干狩りを中止した和歌山市の片男波干潟では、3年後の再開を目指し地元産のアサリを育成する事業が始まった。(地主明世)

 和歌浦湾に面した片男波干潟。5月20日、和歌浦漁協の漁師ら約10人が長靴姿で水底に目をこらした。

 数センチほど砂を掘ると、アサリの天敵であるツメタガイが姿を現した。周りではツメタガイの卵も次々と見つかり、バケツに放り込んだ。「こんなに卵があるとは…。親はどれだけいるんや」。漁師からため息が漏れた。天敵は、ツメタガイだけではない。エイ、チヌなどもアサリを格好のエサにしている。

 片男波干潟では、ピークの16年には約4万7千人の潮干狩り客でにぎわった。しかし、アサリが減り、潮干狩りは20年度を最後に中止された。約14キロ北西に離れた加太潮干狩り場(和歌山市)でも20年度から中止されている。

 こうした状況を打開しようと、和歌浦漁協などでは今年度から、国の補助を受け片男波干潟で、アサリの育成事業に着手した。天敵の駆除や、稚貝をカキ殻に定着させて干潟に移植することを計画。「食害防除ネット」の効果も検証し、3年後の潮干狩り再開を目指す。和歌浦漁協の横田邦雄さん(35)は「和歌浦生まれのアサリを増やして昔の姿で潮干狩りを再開させたい」と意気込む。

 同様に、食害被害に苦しむのが愛知県だ。全国のアサリの漁獲量の半分を占める同県だが、今シーズンは、32カ所ある潮干狩り場のうち、13カ所が中止に追い込まれた。ツメタガイなどによる食害や、冬の悪天候で海が荒れて稚貝が流されたり、死んだりしたことが原因とみられる。

 大阪府貝塚市の二色の浜では、貝毒の影響が出ている。貝毒はアサリが有毒プランクトンを食べることによって発生。人が口にすると食中毒症状を引き起こすこともある。規制値を超えると都道府県が出荷や採取の自主規制を呼びかける。

 二色の浜では17年度は、4万3千人の潮干狩り客が訪れたが、貝毒が検出された18年度は5300人台にまで落ち込んだ。

 今年も規制値を超える貝毒が検出され、自主規制の期間中は採ったアサリを出入り口で担当者が回収し、九州などで取れた安全なアサリと交換している。潮干狩りの期間は4月18日から6月7日までの予定だが、自主規制期間が終了したのはシーズン終盤の5月27日になってからだった。昨年度の潮干狩り客は2万3791人。今年も家族連れなどでにぎわったものの、二色の浜観光協会の担当者は「貝毒が出ないことが一番良いのだが…」と話す。

 貝の生態に詳しい瀬戸内海区水産研究所(広島県廿日市市)の浜口昌巳・主幹研究員は「(アサリの減少は)浄水場などが各地で整備され、川から栄養が入らなくなったことに加え、地球温暖化による海水温の上昇などが挙げられる。関西などは食害防止ネットで守らなければ増やすのは難しい。和歌浦ではネットの中でアサリが増えており、潮干狩り復活の可能性は十分にある」と話す。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150603-00000103-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



| 未分類 | 02:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kaiteki2011.blog40.fc2.com/tb.php/6104-37b3077d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。