快適生活情報お知らせ板

快適な生活を送るためのヒントになるような情報を提供したいと思ってます。たまに脱線するかもしれませんが、よろしくお願いします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

<豚肉生食禁止>「生の方がおいしいのに」客から惜しむ声

こんにちは

今日のオススメ記事です。

 豚の生レバーや刺し身など生肉を使ったメニューが厚生労働省の決定で全国の飲食店から消えることになった。2012年に牛の生レバーの提供が禁止されて以降、その味を忘れられない人たちにも支持されてきた豚の生肉。提供店や客からは「生の方がおいしいのに」と惜しむ声が漏れた。

 東京都大田区のもつ料理店「最後の楽園レバーランド」は4年前に開店した当初から、豚のレバ刺しを看板メニューにしてきた。毎日30皿前後の注文が入る人気だという。

 26日夜、カウンターでレバ刺しをつまんでいた会社員男性(48)は、好物だった牛の生レバーが禁止されたためこの店を探し当て、今は週に1〜3回は通っているという。「豚肉は生で食べるイメージがなかったが、試してみたらおいしかった。禁止されるなら仕方ないが残念だ」

 この店では近くの食肉処理場で肉を購入し、その日のうちに使い切って鮮度を保つ工夫をしている。店長の本多広大(こうだい)さん(27)は「国には食文化をつぶすしか打つ手がないのだろうか。免許制にすることも可能だったのではないか」と話した。

 同じく豚のレバ刺しを提供している中野区の豚肉料理店「豪(ごう)」の店主、田倉豪運(ひでかず)さん(35)は「肝炎ウイルスの危険性も知らない素人が扱うのは怖い」と規制に一定の理解は示すが、全面的な禁止を疑問視する。約15年かけて食材の安全性を見極めてきたといい「個々の食材より、鮮度管理もできない素人が簡単に飲食業に参入できる状態が問題に思える」と語った。

 ただ、豚生肉は表面だけでなく内部がウイルスに汚染されている可能性があるため、食中毒やE型肝炎感染の危険性は鮮度に関係ないというのが厚労省の見解だ。

 十数年前からの行きつけの店が出す生レバーが好物という新宿区の男性会社員(42)は「焼くより生の方がおいしいのに」と厚労省の決定に不満な様子。大田区の男性会社員(40)も「サバやカキなど他にもあたりやすい食材はあるのに、豚だけ画一的に禁止するのはどうなのか」と納得していなかった。【林田七恵】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150527-00000037-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



| 未分類 | 20:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kaiteki2011.blog40.fc2.com/tb.php/6110-fb0c7dd6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。