快適生活情報お知らせ板

快適な生活を送るためのヒントになるような情報を提供したいと思ってます。たまに脱線するかもしれませんが、よろしくお願いします。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

牛もぐったり猛暑止まらず 酪農家はお手上げ 乳量減 著しく 炎熱の群馬県館林市

こんにちは

今日のオススメ記事です。

 館林市下早川田町で乳牛40頭などを飼養する酪農家、大朏(おおつき)喜重さん(62)の牛舎では、6日午前11時を回った時点で既に32度に達した。扇風機15台や送風装置、直射日光を遮るよしずなど少しでも気温を下げようと工夫を重ねるが、立っているだけで大朏さんの額から汗が吹き出してくる。

 「連日の暑さで乳量が落ち、餌の食い込みも良くない。8月に入って全乳量は1日当たり100キロ落ちた」と漏らす。

 暑さに耐えられず、牛の半数はしゃがんで休息できず、日中は立ったままで過ごす。小刻みに震えている牛もいる。大朏さんが休息を促そうと軽く牛の尻をたたいてもしゃがめない。

 JA邑楽館林管内には25戸の酪農家があり、JA畜産課の内藤忠洋係長は「対策として換気扇の掃除や、牛の夏ばて予防にビタミンやミネラル補給を呼び掛けているが、猛暑の中の作業は本当に過酷だ」と現場の状況を代弁する。JA全農ぐんま畜産農産部の浅田茂雄さんは「9月には学校給食が再開する。生乳不足が心配だ」と気をもむ。

 影響は直売所にも出てきた。館林市では7月17日以降、まとまった雨がなく、キュウリやナスなど夏野菜の出荷が減っている。JA邑楽館林の農産物直売所「ぽんぽこ」の職員、長島一記さん(37)は「普段なら1日2回、野菜の搬入をしてもらっているが、暑いので無理に作業を進めてほしくない」と話す。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150807-00010002-agrinews-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



| 未分類 | 05:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kaiteki2011.blog40.fc2.com/tb.php/6142-8f7890ae

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。