快適生活情報お知らせ板

快適な生活を送るためのヒントになるような情報を提供したいと思ってます。たまに脱線するかもしれませんが、よろしくお願いします。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

<医療>熱中症と間違えやすい夏に多い脳梗塞のチェック法

こんにちは

今日のオススメ記事です。

 猛暑が続く日本列島。熱中症は油断ならないが、さらに、気をつけたいことがある。熱中症は、脳梗塞をはじめとする脳卒中の症状と似ている点があり、脳卒中を熱中症と誤認して適切な治療が遅れ、後遺症が残ったり、時には死に至ったりするケースがあるということだ。また、熱中症自体が脳梗塞を引き起こすこともあるという。脳梗塞と熱中症の症状の違いや、チェック方法はあるのだろうか。



 今のような時期に、めまいや吐き気、頭痛、しびれ、ふらつき、意識がない−−といった症状があったら、まず、熱中症を疑う人は多いだろう。しかしこのような症状は、脳卒中でも起こることがある。熱中症だと思い込み、涼しい場所に移動して水分を補給し、体を休めていても、脳卒中は治らない。一刻も早く救急車を呼び、病院で適切な治療を受ける必要がある。

 脳卒中には血管が詰まる「脳梗塞」と、血管が破れる「脳出血」、「くも膜下出血」がある。脳卒中は、寒さで血管が収縮して血圧が高くなる冬に多いと思われがちだが、実は脳梗塞に限っては、夏が最も多い。国立循環器病研究センター(大阪府)によると、2008〜13年の6年間の脳梗塞患者の件数は、春(3〜5月)961件、夏(6〜8月)1004件、秋(9〜11月)917件、冬(12〜2月)966件−−だった。夏に多い理由は、体内の水分不足だ。汗をたくさんかいたのに充分な水分補給をしないと、脱水状態に陥って血液が「ドロドロ状態」になり、血管が詰まりやすくなる。

 では熱中症とは異なる、脳梗塞特有の症状はあるのだろうか。脳の血管が詰まると、脳に酸素や栄養が行き渡らなくなり、脳の組織が壊死、または壊死に近い状態になる。ダメージを受けた脳の場所やその範囲によって、特徴的な症状が出てくる。くどうちあき脳神経外科クリニック(東京都)院長の工藤千秋医師によると、具体的には、顔や体の片方がマヒする、動かなくなる▽ろれつが回らなくなる(特に、さ行、ら行、ぱ行などの破裂音が言いにくくなる)▽言葉が突然出なくなる▽半分の視野が欠ける−−などだ。また、「FAST」という簡単なチェック方法もある。

F:Face(顔のマヒ) 歯を見せるように笑い、片方がゆがむと危険

A:Arm(腕のマヒ) 両腕を水平に上げて、片方が下がるようなら危険

S:Speech(言葉の障害) ろれつが回らない、言葉が出ないようなら危険

T:Time(発症時刻) 上の三つのうち一つでも症状があれば、発症時刻を確認して119番通報する

 また、気を付けたいのは、熱中症が脳梗塞を引き起こすようなケースもあるということだ。脱水で体内の水分が不足し、発汗による体温調整ができなくなるのが熱中症の一因だが、それは脳梗塞を引き起こす「ドロドロ血」を一層加速させる状態と言える。工藤医師は「1人住まいの高齢者は、夜エアコンを使っていない場合も多く、寝ている間に脱水が進んで熱中症になり、脳梗塞を発症していることがある」と指摘。また、「若い人でもコレステロールや中性脂肪の値が高い人は、血液の流れが元々悪い場合があり、熱中症から脳梗塞になるリスクが高い」という。

 脳出血は比較的冬に多いが、脳梗塞と同じような症状が表れる。一方、くも膜下出血は、今まで経験したことがないような猛烈な頭痛に突然襲われるのが特徴だ。一日の気温差が大きい、春先や秋口に増える傾向があるという。工藤医師は「これから先、ふっと涼しくなる日は要注意です」と話す。

 前述のように熱中症も脳梗塞も、脱水が大きな危険因子だ。予防のためには、起床時、入浴前後、就寝前にはコップ1杯以上の水を飲み、夜も適切にエアコンを使いたい。また、冷たいビールやアイスコーヒーばかり飲んでいると、アルコールやカフェインの利尿作用で脱水がさらに進む。同時に、水分も補給しなければならない。過去には医師ですら脳梗塞を熱中症と誤認したケースもある。判断に迷った場合はすぐ救急車を呼び、専門医を受診することが大切だ。【中村好見】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150815-00000005-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



| 未分類 | 11:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

死者、今年最多の32人=熱中症で1万1219人搬送—総務省消防庁

こんにちは

今日のオススメ記事です。

 総務省消防庁は11日、全国で3〜9日の1週間に熱中症で救急搬送された人数が1万1219人(速報値)に上り、うち死者は今年最多の32人だったと発表した。
 35度以上の猛暑日となる地点が多く、全国的に厳しい暑さとなったためとみられる。7月27日から8月2日までの搬送者数は1万1995人(暫定値)で、2週連続で1万人を超えたのは2008年の調査開始以来初めて。
 消防庁は、小まめな水分補給や適切な冷房使用などの対策を取るよう呼び掛けている。
 3〜9日に搬送された人のうち、3週間以上の入院が必要な重症者は331人だった。年齢区分別では、65歳以上の高齢者が5894人と全体の52.5%を占めた。
 都道府県ごとに見ると、搬送者数が最も多かったのは東京の971人で、大阪911人、愛知749人と続く。死者が出たのは20都道府県で、大阪が4人、宮城が3人、茨城、千葉、東京、新潟、静岡、和歌山、高知が各2人など。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150811-00000033-jij-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



| 未分類 | 08:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

熱中症搬送、初の2週連続1万人台−死者は32人で今年最多、消防庁

こんにちは

今日のオススメ記事です。

 全国で3日から9日までの週に熱中症で救急搬送された人の数が1万1219人に上り、2008年の調査開始以降初めて2週連続で1万人を超えたことが11日、総務省消防庁のまとめで分かった。【丸山紀一朗】

 3日から9日までの搬送者数を年齢別に見ると、65歳以上の高齢者が最も多く、全搬送者数の半数以上を占めた。また、初診時に死亡していたのは今年最多の32人となった。軽傷が全体の約60%だったが、3週間以上の入院が必要な重症も331人いた。

 都道府県別では、東京が971人で最多。以下は、大阪(911人)、愛知(749人)、兵庫(710人)、埼玉(676人)、神奈川(512人)、千葉(483人)、福岡(342人)、京都(337人)、静岡(324人)などの順だった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150811-00000003-cbn-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



| 未分類 | 05:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

<熱中症>救急搬送1万1219人、32人死亡 3〜9日

こんにちは

今日のオススメ記事です。

 ◇総務省消防庁の速報値 2週連続で1万人を超える

 総務省消防庁は11日、3〜9日の1週間に全国で1万1219人が熱中症で救急搬送され、32人が死亡したとの速報値を発表した。1週間の死者数としては今年最多で、搬送者数も2週連続で1万人を超えた。

 消防庁によると、搬送者数は4243人だった前年同期(4〜10日)の約2.6倍で、日付別では3日の1911人が最も多かった。最高気温が35度以上の猛暑日となる地域が全国で相次いだためとみられる。

 年代別では、65歳以上の高齢者が5894人(52.5%)と半数を超え、都道府県別では東京の971人が最多。大阪(911人)、愛知(749人)と続いた。死者数は大阪の4人が最多だった。

 1週間の搬送者数としては2008年の統計開始以来最多だった7月27日〜今月2日の1万1995人に続き、1万人を超えたのは今年2回目。消防庁は「こまめに水分補給や休憩をしてほしい」と呼びかけている。【藤田剛】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150811-00000019-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



| 未分類 | 02:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

熱中症での死者、3日から1週間で最多の32人

こんにちは

今日のオススメ記事です。

 総務省消防庁は11日、熱中症による搬送者は3〜9日の1週間に全国で1万1219人で、うち32人が死亡したと発表した。

 いずれも速報値。死者は1週間単位では今年最多で、大阪府4人、宮城県3人など。集計を始めた4月27日からの累計は90人にのぼった。

 搬送者数は、昨年同時期の4945人の2・3倍にのぼった。統計を取り始めた2008年以降最多となった前週(7月27日〜8月2日)より減少したが、2週連続で1万人を超えた。2週連続の1万人超は08年以降、初めて。

 搬送者の52・5%が65歳以上だった。都道府県別では東京都の971人が最多で、大阪府911人、愛知県749人と続いた。

 気象庁によると、今夏の暑さのピークは過ぎたとみられ、今後は気温が上昇する日はあるものの、今月上旬のような酷暑が連日続くようなことはなくなる見通しだという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150811-00050033-yom-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



| 未分類 | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。